庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

千駄ヶ谷での仕事が予定よりも早く終わり、新宿での夜の会合にはまだ時間があるので、明治神宮まで歩いて行ってみることにした。まあ、無理なくいける距離かなと。途中にも緑がある場所があるので、そこにも立ち寄って。

最初寄った神社は、うーん、時間や時期を選べば面白いのかもしれないが、いまいち。ちょっと時間のロスをしちゃったかなという感じ。ずうっといればまた何か面白いのかもしれないけど。

明治神宮へはほぼ迷うことなく行けたが、途中、ちょっと自信がなくなったので、ちょうど近くを歩いている若い女性に明治神宮への行き方を尋ねたら、返ってきた答えは明治神宮駅への行き方だった。そうか、普通はそうなるか。明治神宮そのものの生き方を改めてたずねたら、くわしくないんでということだった。それでもすぐそこが地下鉄の駅と教わったので、近くにある地図で行き方が間違っていない確信を得る。

近道を下手にしようとするとかえって遠回りになりそうで、実際近道してみようと思ったのだが、道路を渡れず、結局遠回りのやっぱりそれが正解の急がば回れだった。途中、雑草化している見慣れない花を見た。バラ科かな。明治神宮の入り口が近づく。そうか、この道になるのかと納得し、安心する。

門が近づいてきて、困ったことに気づいた。6時10分で閉門。あんまり時間がない。明治神宮の敷地は行けばわかるが、広大だ。池と芝のあるところにちょっと行って帰ってこようと決める。敷地に入って、右に行き、さらに右かまっすぐか。右は通行止めのような感じに見えたのでまっすぐ行った。それが間違いだった。

この後、延々と歩く羽目に。ちゃんと入り口近くの地図を見ておけばよかった。外は17時半を過ぎたとはいえ、まだ日もけっして低くなく明るいのだが、高木に囲まれた林道はうっすら暗い。そして、カラスの鳴き声ばかりが聞こえてくる。途中、ハシブトガラスの集団に遭遇した。あそこを通るのかよ…。引き返そうかと本気で思った。

今はカラスの繁殖期。巣が近くにあったら、襲われる危険性もある。なまじそんな知識があるからよけい怖くなる。以前読んだカラスの本では、脚を使った攻撃をしてくると書いてあった。カラスにつつかれたとよく言われるがそんなことはないと。後ろからアタックしてくると。そこで、格好は悪いが、かばんを頭の上に載せて、後頭部、首、肩を守りながら歩いた。一度女性とすれ違ったが、かなり怪訝な顔をされた。自意識過剰ではないと思う。

カラスをやり過ごしてから、聞き慣れない野鳥の鳴き声を聞いた。ICレコーダーを持っていないのが残念。さらに歩いていくと、え?こんなところに建物?なんだか事務所のようなところ。そこを通るべきかどうか迷いながら、なんとなく歩いた。不審者だよなあ。さらに進むと、でっかい広場に出た。そして、その大きなぶっといクスノキ。見覚えあるぞぉ。ここかよぉ。明治神宮のど真ん中に来ていた。想定外。

とはいえ、まだどちらの方向に行くのが正しいのかわからず。18時10分にはたぶん出られない。あっちの門を目指したほうがいいのだろうか。門を閉められて出られないということはあるのだろうか。門が閉まっても、いやそれはないだろう、開けてくれるだろうと期待して、予定よりも大幅に遠回りになったが、おそらくこっちだろうという方向に行く。

しかし、今明治神宮の地図を見返しても、いまいち、どの道を通ったのか自信が持てない。次に行ったときも迷いそう。

とにもかくにも、周りが少し明るくなりだし、メジロのさえずり(たぶん)が複数聞こえると思ったら、はじめから行きたかった芝生に出た。疲れたので、ちょっと盛り上がっているところに座り込んだ。作業着風のヒトがこっちを見ている。時間がない。ふう。ここでちょっこし昼寝がしたかったよ。もう帰れというような内容の放送も入った。

歩いているうちに18時10分を過ぎた。小川の近くでうちの周りでは見ない花を発見。写真を撮っていたら、さっきの作業着のヒトに「早く帰ってください」と注意された。ちゃんと帰るから、ちょっと撮らせてくれぇ。田んぼのあぜ道などに多いというあれ、そう、ムラサキサギゴケ。

あとは時間切れを恨めしそうにとぼとぼ歩く。池沿いに歩こうとしたら、「歩道のほうに出てください」と注意された。無視して池を見ながら歩こうとしたら、もっと強い口調で言われた。いいじゃねえかよ、ちゃんと帰るから。それに、あっち行ってもこっち行っても距離はいっしょだよ。もぉ。雇われ人の立場を考えるとそれもわかるんだけどね。こんな広大な敷地、私は怖くてごめんだけど、ホームレスが一人潜むくらい簡単なことだからね。

結局、かなりの不完全燃焼で明治神宮を後にした。門は閉まっていて、小さな通用門を開けてくれて、そこから出た。その際「次から気をつけてくださいよ」と怒られた。次は多分ないんですけど。出てすぐのところに、私好みの適当に手入れがされていない花壇があった。昼間ならけっこう楽しそうなところだ。コバンソウがあったので、記念・記録写真を撮っておいた。

この後、代々木からは電車に乗るつもりだったが、明治神宮から代々木駅よりも代々木駅から新宿駅のほうが近そうなので、そのまま歩いて新宿まで行った。代々木駅近くの線路沿いでは、明治神宮に入る前に見たのと同じ植物を見た。やはり雑草化していた。その後新宿では本屋に入る予定だったが、新宿に着いてからも初めて歩く道を楽しみすぎ、立ち読みを堪能する時間はなくなった。そこで、ちょっと早めに目的の場所まで行って、そこで少し休むことにした。

少ないが、今日撮った画像、およびおととい撮った画像は混沌のアルバム2011年5月16日~18日に。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。