庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

もう梅雨入り?だめでしょ、そんなの。早すぎる。まだ5月だよ。去年はどうだったんだろうと、庭の観察記録内を検索したら、なるほど、昨年は、参考に気象庁の昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値)にリンクをはっておいた。これを見るのが一番手っ取り早い。というわけで今年もリンクした。

やはり、私が住む地域で5月中に梅雨入りすることはあまりない。しかし、ないわけでもない。圧巻は1963年(昭和38年、東京オリンピックの前年)だ。5月初旬に梅雨入りしている。まるで沖縄のようだ。誤植かと思って他の地域も調べてみた。誤植ではないらしい。そして沖縄、1963年は梅雨入りが6月4日。普通は季節とともに北上する梅雨前線が南下している??梅雨入り宣言を出しそびれた地域もあるので、この年は天候が不順だったんだな。しかもよく見たら、その年の沖縄の梅雨明けは6月15日。梅雨の期間、短けぇ(笑)。まあ、梅雨入りも、梅雨明けも、傾向はもともとあるとはいえ、名付けるのは人為的なものだから、しゃあないね。七色でない虹を七色に分けるようなもんだから。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。