庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

まあまあ早起きしたものの、あまり元気もなく。モグラでも見られないかなあと9時前にK林に行くも、モグラ塚すらなく。その初体験と同じ場所でクマバチ雄の縄張り争いに遭遇。最初望遠で、途中から気づいてマクロレンズで飛翔写真を撮る。ややピンボケだが、正面近くから撮れているのがかわいい。

時間が前後するが、K林に着く前のA川沿いで、ハクセキレイのさえずりを聞く。初め何の鳥の鳴き声だかわからなかった。ICレコーダーでもビデオでも録り損ねた。マガモのオスがまた単独でいた。もしかして卵を温めているのか?とも期待するが、私が家に戻るときにはそこの近くにカルガモがいて、マガモがちょうどいたところには卵はなかったようだった。そうそう、そのマガモを見ていたときに気づいたが、今年初めてのカルガモの雛を見た。これはビデオにも撮った。雛は全部で10羽。

B公園に着いたのは16時近く。日がのびて明るいのがうれしい。まずはオオスズメバチの観察。女王蜂同士バトってるのが今度はまあまあ撮れた。 最後に、「すいません。すいません」と実は話しかけられている。その途中で切っており、よく声は入ってはいない。話しかけてきたのは、このビデオの最初に登場する人。公園のスタッフのジャンパーを着ていた。30分ほど前に連絡があって、スズメバチの様子を見に来たという。駆除するということだった。私はいやな気持ちになった。

オオスズメバチは、生態系のピラミッドの中で(おそらく複数できるピラミッドの中で)頂点をなす。それゆえ、個体数は少ない。今日は最大で同時に6匹見たが、この6匹すべてが子孫を残せるわけではあるまい。オオスズメバチは地中に巣を作るため、都会ではそうそう巣作りに適した場所はない。キイロスズメバチやコガタスズメバチとはわけが違うのである。それに、この時期のスズメバチはほとんど刺さないだろう。自分が死んだら子孫が残せないから。卵を産まない働き蜂とは、そもそも求められていることが違うのである。将棋の王将のようなものである。けっして捨て駒にはなれないのだから。

これをヒトに置き換えてみるとこうなる。あなたは武器とあなたの家族を救う特効薬を作るための植物の種を持っている。この種はしかるべきところまで運び、きちんと蒔いて育てなければならないとする。もしもあなたが死んだらその種も失われ、家族は全滅する。未知なる敵があなたを襲ってきたら、いよいよ追い詰められたら、確かにあなたは武器を使うだろう。しかし、その武器が通用するかどうかは実際のところはわからないから、たとえ敵と遭遇しても、できることなら武器は使わずに逃げるのが得策である。そもそもは安全第一、敵とは遭遇しないように種を運ぶはずである。女王蜂も同じである。もしも、種の運び屋が別にいて、自分は護衛役ならば、敵と遭遇した場合は、最悪、命を賭して戦うだろう。それが働き蜂である。今の時期のスズメバチは、すべて女王蜂である。

駆除は日が落ちてからするという。スズメバチとチャドクガは問答無用ですぐ駆除するとのことだった。しかし、B公園を歩きながら考えたが、駆除といっても巣を一網打尽にするわけでもなく、樹液に集まるスズメバチを対処療法的にやっつけるだけだから、何日も継続してやらないといけないことになるはずだ。樹液が出ているという理由で、まさか木は切らないだろう。それと、日が落ちてからだと、もうスズメバチは散り散りに散っていると思う。この前、夜に行ったときには、木の上のほうに2匹がいただけった。

スズメバチに別れを告げようとしたとき、目の前にあったエノキにゴマダラチョウの幼虫発見。他にもいろいろ虫がついている。他のエノキもそうだがよく虫がついている。エノキをじっくり観察するだけで相当面白そうだ。継続してアカボシゴマダラとゴマダラチョウの幼虫を追っていたことを思い出す。それも今日予定を変更してB公園に来た目的のひとつだった。昨日来られなかったから。アカボシゴマダラの幼虫がいなくなっていて、しかしここは人通りが多いからまず鳥には食われないだろう、という推測のもと探したら、いた。前蛹になっていた。今度は消えたゴマダラチョウの幼虫のほうに行くと、幼虫も蛹は見つからなかったが、新しいゴマダラチョウの幼虫を見つけた。今年はアカボシゴマダラの幼虫は1匹だけで、後はおそらくだがすべてゴマダラチョウの幼虫である。ゴマダラチョウががんばっているのか、それともアカボシゴマダラはもう幼虫よりも先の段階に進んでいるということなのだろうか。

ゴマダラチョウの幼虫が一番遠いところなので、折り返す。そこで、ムモンホソアシナガバチを見た。去年(火それ以前)もやはりこの近くで見た。なんだか葉を削っているように見えた。写真とビデオに撮った。終盤では丸い団子状のものを作っていた。最初はなかったと思うが、写真にも残っていないが、先入観や見落としの可能性もある。しかし、私には植物を削って、巣の材料を作っていたように思える。

帰る途中、もうひとつ思い出した。アジサイの葉を食うハバチの幼虫。いたよ。まだ若令。しかし、いるところにはかなりいて、葉はこれからのことも考えると侮れないダメージだと思う。

本日の全画像は(ちょっとピンボケのも残してしまった)混沌のアルバム2011年5月4日で。

そうそう、写真は撮れていないが、自宅の庭にも2回スズメバチが来た。サイズ的にはオオスズメバチの女王蜂。一度目はうちのバラの木をあちこち歩いていた。オオスズメバチならば狩りなので問題ないが、コガタスズメバチならば巣作りの場所を探している可能性もあり、それではさすがにたまらん。二度目は、私が駐車スペースにいるとき、ちょうど真上を通って南西の隣の庭のほうに飛んでいった。一瞬の出来事だった。アゲハも何度かサンショウのところに来ていた。

B公園では今シーズン初めてウグイスのさえずりを聞いた。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析