庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

今朝は庭のスズランやサンショウ、ついに咲いたモッコウバラなどの写真を撮った。クミゴンは、今年モッコウバラが咲かなかったらもう引っこ抜くとか怖いことを言っていたが、モッコウバラは言葉がわかったのだろうか。今年はほとんどないと思っていたネジバナの株が、実は遅れて出てきたとクミゴンから聞き、確かに探してみたらあったのでちょっとほっとした。

世間は3連休だが私はいつもどおり土曜日は仕事。職場の最寄り駅を降りて、横断歩道を渡ろうとしたら、ツバメがつーっと飛んでいった。そういえば、この辺にもツバメがいたか。

仕事から帰ったのは24時20分くらい前。うちの西側の壁にヤモリがいた。まだ子供かな。それとも亜成体?一度尾が切れた痕があるように見える。

目を離すとすぐいなくなってしまうので、PHSでクミゴンを呼び出す。家の中から呼び出し音がかすかに聞こえてくる。「デジカメと懐中電灯持ってきて。ドアを開けるときはそうっとね」とリクエスト。その間、ビデオの写真撮影機能でも撮ってみた。ビデオ内蔵のライトで、かなりノイズ入りで一応撮れた。しかし、まだ怖くて画像は見ていない(笑)。

ヤモリ ずいぶん待たされたような気がした。やはりE-520にはZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macroがついていた。マクロレンズなので離れてフラッシュ撮影しても面白くない。玄関の門を通って砂利の上にズカズカ入り、近づいて撮ってみた。1枚撮った後、ちゃんと撮れているか確認しているうちにヤモリはやはりどこかに行ってしまった。ところで、この砂利の上、今年もアサガオが芽を出していたが、クミゴンの予告どおり、大虐殺が起きていた。雑草と一緒にすべて引っこ抜かれた。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析