庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

リンゴを食い散らかしたあと2 昨日、ブログの記事を更新したあと、クミゴンと話したところ、あのリンゴは庭のあそこに置いたわけではなく、あの場で食べられたものだという。さらに、皮をむいてというか避けて食べたらしく、その皮も散乱しているという。そこで、クミゴンといっしょに見てみた。確かに、皮が散らかっている。ネズミでは絶対にこういうことは起こらない。鳥でも同様だろう。リンゴの皮が写るように改めて証拠写真を撮っておいた。

リンゴを食い散らかしたあと3 今朝、もう一度写真を撮ろうと、レースのカーテンを少し開けて庭を見て驚いた。リンゴがなくなっている!
「リンゴ片付けちゃったの?」
クミゴンいわく、私が観察用にどこかにやったのかと思ったという。確かに、今朝、食い跡をじっくり観察しようと思っていたが・・・。タヌキが続きを食べるべく、どこかに持ち去ったか。もしかして何かエサを置いておくと、また来るな。野生動物の餌付けはいけないが、何か置いておいて、来るところを観察してみたい。はたして、何時ごろに来ているのだろうか。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。