庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706

今朝、庭の真ん中辺りに何か物体があった。ん?バラの実が落ちたもの?ちょっと大きいけど。そもそも今の時期、バラの実なんてあったっけ?ちらりと家の中からバラを見るが、そのようなものはやはりない。しかし、他のことに気を取られていたので、それに、今もそうだが、雨が降っていたので、庭に出て確認することはなかった。

タヌキがかじったと思われるリンゴ 家に帰ってから、夜ご飯を食べる直前に、クミゴンから聞いた話。
「またタヌキが出たみたいなのよぉ。またリンゴ食べられた」
「え、もしかして、あの庭に出ていたのがそう?」
というわけで、夜間にもかかわらず記念撮影。今日、もしもの停電のときに備えて充電しなおした電池を入れた懐中電灯をフラッシュのお供にして。濡れていて、さらに上のほうに泥というか砂粒のようなものがついていて、拡大してみるとなんだか気持ち悪いので、画像をクリックして拡大してみたい人は注意。え?もう拡大しちゃったって?

庭のリンゴが、謎の動物にかじられたのは、実は2度目。はじめて見たときは、最初ネズミと思ったが、その割には食いっぷりというか、かじった跡が大きく、まさかタヌキ?と思った。その後実際に家の近くでタヌキを見て、やはりタヌキと確信した。またリンゴを置いて実験してみたいと思っていたのだが、クミゴンに却下されていた。しかし、肝心のクミゴンがしまい忘れたのか、天然冷蔵庫として庭を使ったのかは定かではないが、買ってビニール袋に入っているリンゴを放置しておいてくれたので、また証拠が積みあがった。それにしても、来てるのは1頭だけなのだろうか。いくつもリンゴをかじっていかないところがエライ。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
時計もしないでいたのだが、レシートの時間から逆算すると、大体1時50分ごろだった。塀の上を歩いているネコに違和感を感じながらもずうっと見ていると、尻尾が長い。こんな尻尾の長いネコ、この辺で見たこ...
2011/09/04(日) 06:13:22 | 庭の観察記録
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析