庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

雪国の人から見たらチャンチャラおかしいだろうけども、1年通じてそんなに雪が積もることはないので、十分大雪。朝は、なんか曇りのくせして寒いなあと思っていたが、アカハラを見たことですっかり忘れていた。夕方、お昼ご飯を食べに行ったときも、コートを着ずに出かけたこともあり、寒いのは当たり前とくらいにしか思っていなかった。

職場で、夜、あれ、アスファルトに積もり始めているというのに気づき、ここでこれだけだと家のほうは大変なことになっているはずと、ちと心配に。子供たちは喜んでいるだろうけど。

大雪20110215000206はたして、予想通りのレベル。家の前の私道は雪を踏んでもアスファルトまで届かない。車もあまり通った跡もなく。明日の朝のアイスバーンが怖い。明日、明後日が女優の学校公開日だが、明日は行かずに、お昼からのゆっくり出社を決め込む。昨日か今日、夜のB公園にまた以降と思っていたのだが、完全におじゃんに。ところで、画像の右に見える足跡、あれは私のものである。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析