庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

天頂 南の空 北の空 順に、天頂よりやや南寄り、南、北。シャッター速度10秒、ISO感度400。

1枚目は右にふたご座、左にししの大鎌。かに座のプレセペ星団M44はぼんやり写る程度。この前はっきりそれと認識した日とはだいぶ違う。

2枚目は屋根の上に置いて、カメラが落ちないように手で支えて撮ったので、ちょっとずれてる。右側の明るいのがおおいぬ座のシリウスか。

3枚目はやはり屋根の上に置いた。真ん中で上の明るいのがおそらく北極星。真夜中に撮ったとは思えないような色だ。週末だから0時でもまだいつもより明るいということもあるかもしれない。

そうそう、肉眼では、なんと、オリオン座が良く見えなかった。あのよくわかるはずの三ツ星が行方不明。あれベテルギウスだよなって、見ても自信がなく、冬の大三角も泣いている。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。