庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

今日は12時間近く、社外でパソコンを使った研修。お昼休み、みんなとご飯を食べてから、一人、近くの大きな公園をちょっとだけ散歩した。公園に行く途中、直射日光と建物前のタイル敷きの地面からの反射で、まぶしいの、けっこう暖かいのなんの。

公園内外で見た虫はジョロウグモのメスだけ。公園の敷地内の案内用の掲示板のガラスに巣をかけるわけでもなくいた。死んでいるのかと思ってちょっと脚に触ってみたが、生きていた。とても動きが鈍くなっていたが。卵を産むつもりなのだろうか。そこまでお腹は大きくなかったが。

鳥は、公園内ではドバト、上空に飛んでいた2羽はカラスか。ホームレス風の男たちが点々といる枯れた草(芝?)と落ち葉の広場には、1羽だけ色の薄いハクセキレイが尻尾を上下に振っていた。帰るべきビルのすぐ近くでは、丸々とした4、5羽のスズメが飛んできた。

もう少し何かいるかと期待したが期待はずれ。時間がなかったせいもあるけども。ビル街は予想以上に鳥もおらず、この暖かさで花にアブも来ないとは。見なかっただけかもしれないけど。がっかり。

帰り(20時半から21時過ぎ)は、けっこう冷え込んできた。今も、部屋の温度は17.0度で最近では低いほう。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。