庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

4時半頃、風呂で目覚めたときは、雨はまだ激しく(というほどでもないか)降っていた。8時半にはやんでいたか。9時半頃はまだ曇っていたが、今はすっかり晴れている。

これなら富士山見えるかもと屋上に出ると、暖かい。家の中より暖かい。まるで春。小春日和を超えているので、勝手な造語で中春日和。うちの近辺はほとんど晴れているが、地平線に近づくほど、雲が見える。西のほうはすっかり雲に覆われており、残念ながら富士山はまったく見えない。

直射日光を浴びてポカポカしながら、しばらく周りのアンテナや木を見ていた。見える鳥は、ムクドリ、ヒヨドリがほとんど。虫は、目の前の電柱にハエが止まっただけ。他にもトンボのような大型の昆虫が視界に入ったような気がしたが、はっきり確認はできなかった。

ただいまのこの部屋の温度、22度。これを書き始めたときは21.5度だった(0.5度刻みのデジタル温度計で)。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。