庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

昼ごはん(といっても夕方)に出かけるとき、目の前の人工的な水溜りに雨がポツンポツンと落ちているように見えた。空を見上げると、今にも雨が降りそう。しかし、降っているわけではなさそう。なんだろうと思いながら、今の勤務地に来て初めて、カレーハウスCoCo壱番屋に行った。カレーが来るまで一人、テーブル席で仕事をしていると、なにやらコツコツ音がする。それは雨だった。それもけっこうな。夕立レベルの猛烈な雨である。

まあ、食べ終わるころにはやむだろう、少なくとも小降りになるだろうとたかを括っていたら、甘かった。その大雨の中、職場に戻ることになった。途中、緑色の終令だろうがまだ成長途中と思われるスズメガの幼虫を見たが、カメラも持っていたが、さすがに撮る気にはなれなかった。

夜にはすっかりやんで、アスファルトは乾いていた。信じられない。しかし、その後また猛烈に降り始めた。元の木阿弥、とでも言うのか、道はびしょぬれ。帰るころには小降りになり、家の最寄り駅に着いたときには、完全にやんでいた。帰り道の途中や庭でヒキガエルに会えるのを楽しみにしたが、これは不発だった。そうそう、空気はようやく秋っぽくなった。水曜日くらいに気温が下がるという天気予報を先週末あたりか聞いたが、ほぼその通りになっている。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析