庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

昼間のような空E-520で28mm(35mm換算)のレンズでシャッター速度1分、ISO感度400で撮ったら、まるで昼間。都会でもこんなに星が見えることに驚く。真ん中の明るい星が、こと座のベガ。七夕では織姫。

ノイズの多い空同じところをシャッター速度8秒で。他は条件同じ。ノイズが美しさを妨げる。

光のはしご 同じく8秒だが、右には天にかかった星のはしご?なんだかわかるかな?ISOは100にした。

北側の空屋上にアンパンマンの敷物を敷いて、寝転がって双眼鏡で空を眺めていると、こんなにも星が輝いていたのかと、ほんとに驚く。北の空もこんなにいろいろ見えたのかと、簡単に撮ってみた。8秒で。

空を見上げたときは、上空に強い風が吹いていたのか、星が非常によく見えた。撮影を始めようとしたら、南から低い雲が次から次へと流されてきた。もうちょっと待ってほしかった。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。