庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

最終日前日の夜は定番のキャンプファイヤー。打ち上げ花火の合間に顔を出す闇は、くっきりとまた星を浮かび上がらせる。個人的には、大掛かりな花火よりもこちらのほうがきれいだと思う。さそり座は、今日のほうがよりよく見えた。

一足早く神戸より帰っているクミゴンより、風呂場の外でカネタタキが鳴いていると報告があった。今日は、暦の上では、気温がこれから下がり始める(つまり気温がピークである)立秋であった。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析