庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706

ワールドカップの日本対デンマーク戦を見たこともあり、『ゲゲゲの女房』は見なかった。女優が「7時55分だよ」と和室でそのまま寝た私を起こしてくれたが、「いいんだよ、今日は」ということでまたそのまま9時過ぎまで寝ていた。11時10分に目覚ましをかけておいたが、結局それは鳴ることなく、アラームを解除した。今日は、久しぶりにのんびり出社(そもそも今日は休み)なので、庭でゆったり観察した。

庭に出て、ふりかけご飯を食べながら、髭をそりながら、ぼんやり眺めていると、アリが非常に多いのに気づく。よく働くなあ。どこかのサイトでトウキョウヒメハンミョウの成虫が出てきたというのを最近読んだが、うちの庭にも確かにいた。今年トウキョウヒメハンミョウの成虫を見たのははじめてである。

サンショウを眺めると、ずいぶん背がまた高くなっている。去年のヒマワリと同じかそれを越えたくらいである。3メートルはあるだろう。どうしよう、あれ・・・。葉を見ていると、やっぱりアリが多い。それから、茎に沿ってそこだけ葉が全然ないというところがある。アゲハの幼虫を探したのだが、見つからなかった。

スジグロシロチョウの産卵 スジグロシロチョウの産みたてのほやほやの卵 ダイソーで2袋100円で買って、庭にまいて芽が出てきた大根の葉に、スジグロシロチョウが産卵していった。ここのところ、スジグロシロチョウがよく庭に来て、あちこちのいろいろな草の葉に触ったり、いろいろな花の蜜を吸ったりしているのを見る。今回は葉に触っているようだったので、産卵かなあと思ってみていたら、やっぱりそうだった。300mmの望遠レンズで産卵シーンを撮り(なかなかモデルがこちらの撮りやすいようにポーズをとってくれないのだが)、そのあとにマクロレンズで卵を撮った。どこまで幼虫が無事育つかわからないが、今後の楽しみができた。

そうそう、スジグロシロチョウを見ているとき、オオフタオビドロバチっぽい蜂がスジグロシロチョウの向こうを通っていった(5日前にもそれっぽいのを見て、これは撮った)。そのあとまたそれっぽい蜂を見た。3年前に見たのと同じ竹製の長いすのほうに消えていった。こちらも要観察である。いやあ、庭の観察が楽しい季節になってきました♪

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析