庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

GW以降、毎年ほとんどフル休日がなくなるが、今年もまた今日を最後にしばらく休みがなくなる。満喫しなければ。虫メインでB公園へ。で、満喫しすぎ。もう同定地獄。というか同定放棄。いろいろ面白いものも見られたのだが、画像を出すのが面倒くさい。大量の画像をもっと楽に出す方法はないだろうか。

虫メインとはいえ、鳥ももちろん見る。双眼鏡は5×20のヒノデのほうを持っていった。長時間持ち歩き、かつ虫メインの場合は、この方がよい。

アオサギを見上げるヒトたち 15:54 アオゲラがやたら鳴いていた。くわしいヒト(画像の左手前の方)によると、今年はB公園でのアオゲラが多いという。私がわかるだけでも少なくとも2羽はいた。はじめ、アオサギがすぐ目の前で魚を取っていたので、ギャラリーがそちらに集まっていたが、アオゲラを天体望遠鏡くらいのレンズをつけて狙っていた人が本格的に撮り出すと、みんながそっちに行った。はじめにそちらに行ったのは、多分私だけど(笑)。一時はものすごい人だかりになった。

ある子供が「見える」といった場所から見上げたが、見えない。嘘だった。狼少年的なありがちな子供の嘘。自分に注意をひきつけるための。ああいうのはいかんね。

一度アオゲラの場所を離れて、もう一度見にも行った。写真も撮ったがいまいち。周りにいるヒトを見ているほうがある意味面白かったかも。まあ、アオゲラなんて、しょっちゅう撮り見ているヒトはまだしも、ふつうの都会人はめったにというか、一生に一度見るかどうかだろうしね。私もB公園でしか見たことないし。双眼鏡を貸してあげたおばちゃんは、結局わからないといってあきらめていた。

アオゲラ 帰り際、17時数分、中ノ島のほうからアオゲラの鳴き声が聞こえてきたので、しばらく探したら、さっきより距離はあるが、非常に見やすいところにいた。カワウなどがよく止まっている木のほぼてっぺん。皮肉なことに、もう誰もアオゲラを見ていくことはなかった。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。