庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

手元にある本だか、図書館から借りた本だか、キノコの図鑑類で、アミガサタケのことを「極めてふつう」と書いてあった。見たことなくて、悪かったな!きわめて普通種を。というわけで、雨が続いた後に気温も高くなってきたし、今日は絶対にアミガサタケを見つけてやる!と意気込み、草のある環境へ。

アミガサタケついに見つける アミガサタケの大きさ まずは公営の住宅地とそこに隣接する公園。しかし、そこは外れ。そして、本命のF公園へ。しばらくまわって、ついに見つけたよぉ??。こんなところにあるとは。低木の植え込みのところだった。確かに草も生えているけど。環境が写るように、そして、女優も特別出演だ。 そして、その大きさ。適当なものが何かないか考えたが、客観的なものを思いつく。FE-46。これならば、外寸がわかっている。横幅は98.0mmだ。すると、このアミガサタケは地表に出ている高さがちょうど10cmくらいだ。この後さらに、数メートル離れたところで、もう一つ見つけた。こっちはたぶん老菌なのだろう、かさの部分がだいぶなくなっていた。

小さい2つのキノコ 次に、K林と図書館に行くはずだったが、女優がバッテリー切れで泣く泣く引き返し、お昼ご飯。食べ終わってから、今度こそK林へ。しかし、K林はいまいち。女優に、これ、ウラシマソウっていうんだよと教えたすぐそばに小さいキノコが2つ生えていた。今年初めてのヤマトシジミも見る。

長いアミガサタケと1000円札 丸っこいアミガサタケ 隠れミッキー? K林を後にし、図書館へ。図書館の庭に行くことを女優に提案。快諾。あの庭では、時期が合えばシロバナタンポポも見られる。シロバナタンポポは咲いていなかったが、なんと、女優が見つけた。そこここにアミガサタケ。かなりの数が生えていて、数え切れないというほどではないが、数える気がしないほどあった。長いアミガサタケに丸っこいアミガサタケ。3つまとまっていて、女優いわく、「隠れミッキー」なるものも。

家に帰ってアミガサタケについて調べたら、なんと種類の多いことか。そのすべてが区別がつきにくいわけではないが、種類を列挙すると、アミガサタケ、 チャアミガサタケ、 マルアミガサタケ、 アシブトアミガサタケ、 コンボウアミガサタケ、 トガリアミガサタケ、 オオアミガサタケ、 オオトガリアミガサタケ、 アシボソアミガサタケ。 身近なところには、そんなに種類はないのだろうが、図鑑を見れば見るほどめまい・・・。もうとりあえず、ノーマルなアミガサタケということで。

図書館の屋上にも行ったが、そこでは、今年初めてのコミスジも見た。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。