庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

夕方のみ出社で、あとはフリーな一日。2日以来、やっと暖かくなった。出社時は、今年初のコートなし。雨上がりで気温が高くなる、楽しみな一日。

A川沿いのソメイヨシノ 終わりかけのカンヒザクラ カンヒザクラのはす向かいのソメイヨシノ A川からB公園へのフルコース。やはり、A川沿いにあるソメイヨシノは満開。しかし、B公園へ行く途中のカンヒザクラは、ほぼ終了。そのすぐはす向かいにあるソメイヨシノはやはり満開なのだが。

期待したB公園だが、しかし、あまり面白いものは見られなかった。探す場所が悪いのか。キチョウをいまさらながら今年はじめて見た。キチョウは成虫越冬だが、おそらく冬の間、私は見ていない。

仕事に行く途中、H公園に寄る。前に教えてもらったアオスジアゲハの蛹を見に行くと、すでに羽化した後だった。さなぎの抜け殻から判断するに、今日ではなく、ずっと前にハッチアウトしたような感じだった。実際はわからないけど。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。