庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

もしかして、ハエ?と思ったきっかけは、図鑑に出ていたカボチャミバエを見たことだった。カボチャミバエとは発生時期が違うので、改めてミバエで検索して、若干の回り道してからミスジミバエにたどり着いた。ミスジミバエのオスとメスメスはお尻に少し突き出たものがあり、オスにはない。この画像では、一番上と一番右がメスで、他の3匹がオスだと思う。大きさも若干違う。数は減ったものの、今日も同じ場所にいた。ただし、画像は昨日撮ったものである。このミスジミバエ、どうもあまり生態はわかっていないようだ。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析