庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706

駅近くにいたネズミ 霙(みぞれ)の中、駅に急ぐ。と、なんと、ネズミ。以前にもこのすぐ近くでネズミを見たことがあるが、寒いせいか、そのときに比べて動きが鈍い。カバンから通勤用デジカメを取り出す。こういうときのために買ったのだ。マクロモードで撮った1枚目がこれ。傘を差しながら撮るのでつらい。少し遅れて、車椅子とそれを押しているおば(あ)さんたちもネズミに気づいた。車椅子に乗っているおばあさんのほうが先に気づいたようだった。そして、次の瞬間、私が撮っているのにも気づいてくれた。おかげで邪魔されずにすんだ。

鈍いながらも動き回るネズミネズミは、鈍いながらも当然動き回る。あとでドブネズミなのかクマネズミなのか調べるために、特徴が分かりやすいような角度で撮りたい。どこが特徴かよくわかっていないが、とにかくいろいろな角度で、そして、絵になるような角度で多めに撮っておきたい。何枚か撮れたので、よりよく撮るべく、スーパーマクロモードにして、思い切って近づいてみた。この画像はスーパーマクロモード。

あんまり近づいてかまれないかとちょっと不安に。数10cmの距離から撮れた。まさかこんなに近づけるとは。仕事に 急いでいくところだったので、後ろ髪を引かれつつも切り上げた。しかし、まあまあ、妥協できるところまでは撮れたのでよしとする。野生のせいか、あまりかわいいとは思わなかったが、うちのジャンガリアンハムスターとでははたしてどう違うのかというと、見た目大差ないような気もした。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析