庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

撮った画像のほうをばかり見ていると、そちらを真実だと錯覚してしまう。今朝今一度見たら、なんとタンポポと思われるロゼットの小さいことか。一円玉といっしょにとっておけばよかったと思った。

それから、ホトケノザと思った草は、出勤時に西日砂利にあるのと比べてみるに、そのいくつかはおそらく違う。ナデシコ科の植物か。ハコベとかウシハコベとかオランダミミナグサとか、どうも区別がつかなくて苦手。それと、庭にはちいさなウラジロチチコグサも生えているのだが、なぜか写真には写っていないっぽい。今日は写真を撮っていない。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。