庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

今月2度目、そして最後の日曜日フル休み。午前中は雨、さらに某ネット書店の対応がほんとに頭に来るもので、憤りとともにメールをやり取り、半日を棒に振る。午後1時過ぎにはなんとか雨が上がったので、トラブルは解消していないが、気分転換もかねて、お楽しみのA川からB公園へ。

雨上がりのA川は、昨年の台風一過のときの経験から、最上流付近の橋の下が狙い目。はたして、当たりで、カワセミがいた。向こうが先にこちらに気づいて、飛んだことで、「あ、カワセミ!」とこちらも気づいた。追っかけっていったのだが、いかんせん移動力が違いすぎる。カワセミは橋をくぐってさらに上流のほうに行っただろうと思って、いそうな場所を見てびっくり、カワセミがヒトの子2匹に変わっていた。これじゃあ、もうカワセミは無理。

どうやって降りたの?思わず聞きそうになった。両岸は高さ5メートル以上あるコンクリートの壁である。あ、最上流の公園から歩いてきたのかと思った次の瞬間、コンクリートのところにはしご状に打ち付けてある金属が目に入り、そこから降りることは可能だとわかった。でも、そこから降りるなんてこと、大人には作業員以外はできないよ。理性がブレーキをかける。私がその場を去ろうとするとき、もう1匹の地上にヒトの子が実際にそこから降りて行った。まともな大人なら、危ないからやめなさいと注意するのかもしれないが、それくらいのやんちゃさは必要だろうと思ったので、私はそのまま先に進んだ。その先にはなんとめずらしくヒトの大人も複数おり、なにやら仕事をしていた。あのヒトの子らは、大人のまねをしたのかもしれない。

B公園へ行く途中、カンヒザクラのつぼみも撮ろうと思ったが、時間に余裕もあまりないので、スルー。でも、やっぱりとっておけばよかったと今になって後悔。やはり記録はとっておくべき。カンヒザクラのところを通過する前後で、引かれたヒキガエルを計3匹、こちらは一応記録として写真に残しておいた。ヒデブーな姿だが、合掌。

B公園へ着くと、まずは目に付くアオサギ。去年からよくそこにいる。以前はそこにはカワウがたくさん止まっている木があった。なぜか木は切られ、切り株になってからはそこはアオサギの陣地になったかのようだ。カメラの性能を確かめるためにも、画像サイズを変えて撮ってみた。いずれもダメだこりゃという感じなので、すでにほとんどを消した。

他に撮った鳥は、バン、アヒル、オナガガモ、キンクロハジロ、ハシビロガモ、マガモ、エナガ(ヒップからのかわいい写真)、カワウ(飛んでるとこ)、ヒヨドリ(常緑樹の葉をついばんでた)、シメ、アオジ、カワセミ。撮ってないが見たのは、ハシブトガラス、ワカケホンセイインコ(鳴き声をおったら飛んでいくところが見られた)、コゲラ、シジュウカラくらいかな。まだ他にもあると思うけど。鳴き声だけはウグイスの地鳴きも聞いた。「ホーホケキョ」も聞こえたが、多分誰かの口笛。

硬いタイプのキノコも何種か撮った。ちょうど昨日図鑑で見ていたエゴノキタケと思われるのを撮ったあと、木の名前を見たら名札があり、やはりエノキだった。エノキの樹皮とその名札を同時に入れようと、微妙に動きながらカメラを構えていたら、「芸術写真を撮っている?」と近くのベンチに腰掛けているおじいさんに話しかけられた。「いや、そういうわけでは・・・」「変わった角度から撮っているからねえ」(はあ、心の中で苦笑)。私の場合は、芸術ではなく、記録なんだな。

B公園から帰ったら、メールチェックと画像をちょっとだけ確認して、今度はA川、K林、図書館のコース。

A川ではコガモ、家の上に止まるハクセキレイ。カルガモもいたと思うが、通行人と同じレベルなので意識が向かない。

K林に着く前の塀で囲ってある果樹園(?)の木の上でシジュウカラが大声でツピーツピー鳴いている。録音したあと、写真も撮った。

K林ではエナガ、リベンジ。でも、お尻からの写真が多かった。ツグミかシロハラの写真に、あとはコゲラ、チャレンジ。コゲラもなかなか止まっていないので、いい写真が撮りづらい。

図書館では予約の本のほかに、『動物の見つけ方、教えます!』という本を見つけたので、借りてみた。テーマは、当『庭の観察』とほとんど同じようだ。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。