庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

久しぶりの平日休みは、明治神宮に行くと前日のうちに決めた。初詣以外で明治神宮にまともに入ったことはないかもしれない。鳥の観察とともにどのような木が生い茂っているのかにも興味があった。天気もいまいちなので、鳥だけなら行かなかったかもしれない。

2時間半くらい歩いて、見られた鳥をほぼ見た順に思い出すままに列挙すると、ハシブトガラス、スズメ、カルガモ、オシドリ、ジョウビタキ(メス)、シメ、シジュウカラ、ハクセキレイ、ツグミ、キセキレイ、キジバト、コゲラ、エナガ、ヤマガラ、メジロくらいかな。見られそうで見られなかったのは、ウグイス、アオジ、シロハラ、サギ類、その他カモ類。ちなみに、ドバトは明治神宮を出たらすぐ見られた。

立ち入り禁止の場所があまりに多く、がっかりした。あまりにつまらないので、500円払って御苑に入ろうとしたら、並んでいる。1時間待ち。10時半ごろに着いて、11時からの整理券を配布中。っておい、ここは「ディズニーランドか!」と一人タカアンドトシ風に心の中でツッコミ。平日なのになんで?6月のハナショウブの時期だけではないのか、混雑するの。並ぶのはバカらしいのでやめた。

家に帰ってから、その御苑の入り口の名前を調べていて、ついでに謎がわかった。テレビで「清正井」にはご利益があると紹介されたと。キーワードは「パワースポット」「携帯の待ち受け画面」。そんなもんあるわけねーだろ!ふざけるなー!犯人は「手相芸人の島田秀平」。手相芸人って、なんだ・・・。では、私も占ってあげよう。島田秀平、罰(ばち)が当たるよ。

それにしても明治神宮、アナウンスもされていたが、公園ではないので、ごみは持ち帰り。それはいい。トイレがない!そう、公園ではないので。これにはけっこう参った。代々木駅のコンビニまでなんとか持ちこたえたよ。

今度明治神宮に行くとしたら、キノコがたくさん見られそうなシーズン、日和のときかな。しかし、林内立ち入り禁止だし。結局間近で見られないから、ストレス高いかも。でも、あれだけいろいろな木があれば、キノコの種類も豊富だろうと期待が持てる。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。