庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

昨日図書館に久しぶりに行くとき(あ、今年初だ)、西の空に明るい、オレンジがかった星が見えた。金星とは違う。とても明るい星だが、そこまでは明るくない。木星かなあと思って、あとで調べたらやっぱり木星だった。木星はもっとシロっぽいイメージがあったが、とにかくずいぶん色がついて見えた。

図書館の帰りには、今度は東の空にオレンジの明るい星が2つ見えた。え?ずいぶん明るい。一つは火星だが、あそこまで明るかったか?オリオン座の赤い巨星ベテルギウスがすっかりかすむほどの明るさだ。春の星座が見えるにしてもおかしい。しばらく自転車をこいで、直角に曲がってみる方向が変わってわかった。止まっていると思ったそれはやはり動いていた。飛行機だった。さっきよりも明るく、しかも点が2つに分かれていたのでわかった。最初見たときは飛行機の位置が遠く、やや後方を振り向きながら自転車をこいでもいたので、注意してみたはずだが、オレンジの光が止まって見えたようだった。

今日は、関西では部分日食だった。すっかり忘れていた。ネット上で公開されている画像を見ると、食われたお日様が沈んでいく様子がわかる。見てみたかったなあ。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。