庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

今年初のB公園。いつもの池は回らずに北側だけ行き帰りで往復。もう一つの池を一回り。B公園に行く前の団地近くの人家と保育園(?)の庭にあたる木のところで、しばらく聞いていない鳴き声に出くわす。すぐにエナガと判明。エナガは相変わらず写真が撮りづらい。1枚だけ撮ったがぼんやりの写真。双眼鏡でのぞいても、すぐ視界を外れる。一応、ICレコーダーで、ジリリー、ジリリーという鳴き声は録っておいた。

B公園の池に出ると、すぐに遠くに白鷺が目に入る。久しぶりにダイサギか?双眼鏡で見るとアオサギだった。けっこう近くの茂みにゴイサギがいるのも変わらず。カワウといい、その他のカモ類(カルガモ、オナガガモ、ハシビロガモ)も変わらず。最近では定番になったが、バンもよくいる。3方向からカメラを構えた人たちがいて、なんだろうと順々にカメラの後ろから回っていったが、最後の一人のところでわかった。地味なカワセミだった。あまりコバルトブルーが鮮やかではない。そのまま素通り。

お立ち台にもカワセミはおらず、その反対側に来る小鳥に期待したのだが、ハシブトガラスばかり。時間的にも逆光で素通りすることに。池が終わる近くで、スィッに近い、チッという高くて小さい鳴き声が断続的に繰り返される。ほどなく正体がわかった。アオジだった。こういう鳴き声だったっけ。双眼鏡で見て、デジカメで撮って、ICレコーダーで録った。アオジは、もちろん警戒心はあるものの、けっこう近くまで寄らせてくれる。動き方は違うが、光の当たり具合によってはスズメのように見える。家に帰ってからパソコンで画像を確認したら、右足に輪がついていた。一度保護されたものか?それで警戒心がより薄いのか?

いつも行かないほうの池へ。セグロセキレイを撮りたかったのだが、目に入ったのは、すでに書いたカモ類に、マガモ。デジタルビデオカメラを持ったおじ(い)さんを中心に人が少し集まっていて、なにかと思ったら、私の姿を見たせいかカワセミが飛んでいった。それでその集まりは解散になった。悪いことをしたか。そのあと、やはりアオジを見聞きした。

その後、池の北側はほとんど収穫なく、引き返そうかと思ったが、池のあるお庭のほうに行ってから一周することにする。そのお庭。コガモが中心。アヒルもいる。双眼鏡でのぞくと、なんと、キセキレイがいた。周りがはやしなので少しくらいが、なるべく近づいて撮ろうとしたところへ、缶ビールを持ったおじさんが知覚のベンチに座るべく、私を追い越す。ちょっと待ってくれと心の中で軽く叫びながらなにもしないでいると、やはり飛んで逃げてしまった。んもぉ。さらにそのあと小学校中学年くらいの子達がやってきて、コガモたちは文字どおり引いていく。んもぉ。あきらめた。そのお庭を出るとき、別のおじさんが猫たちに大量にえさをやっていた。これまた、んもぉ。

さて、復路。池の南側を通るが、途中、中ノ島を通って北に出ることにする。中ノ島でまたアオジたちに出会う。ここで見た記録として写真を撮ろうとするが、ほとんどうまくいかない。ふと左の低木の根元近くを見ると、ハトよりちっちゃいくらいの鳥がいた。キジバトならよくあることだが違った。シロハラだった。そこにいるの?と思わず言ってしまった(多分)。この前葛西臨海公園でシロハラを見たときも、そういえば、唐突にすぐそこにいたっけ(この前といっても去年の3月下旬かな)。アオジをやめてシロハラへ。あんまりいい写真は撮れなかった。双眼鏡とデジカメを交互に使っていたら、その合間に飛んでいってしまった。どっちに飛んでいったのかさえわからなかった。そのあとまたちょっとだけアオジを追った。

帰る途中、また何人かがカメラを向けているので、確かめたらやっぱりカワセミだった。記念にこれだけは撮っておいた。小学生の女の子と母親が「今日、これで3回カワセミ見ちゃった」(娘)「こっちに青いほう見せて」(母)なんて会話をしていた。ただ、これも地味な青だった。このすぐあと、常緑樹のところにウグイスっぽいのを見たが、すぐ見失う。しばらく近くを探したが、目にしたのは2羽のメジロだった。帰るときには、来たときにいたアオサギはいなくなっていた。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。