庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

冷え込むのかと思ったら、なんだかまた暖かくなってきた。通常の年内の仕事は今日でおしまい。大晦日は恒例の年末年始特別業務だが、明日が休みと思うと、心が弾む。24時近く、月はすでに真南を大きく過ぎていた。しかし、見かけはかなりまん丸に近づいた。まもなく、冬至に最も近い満月。年間で、最も高く満月が高く上るとき。

ちょいと調べたら、2010年の元旦が満月で、それも部分月食。食が最大になるのは1日の午前4時22?23分。ただし、食分0.082とわずかにかすめる程度とのこと。食分については以下を参照。 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/faq/astro/eclips.htm

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。