庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

図書館に行く際、なんとなく、いつもよりA川沿いに行って遠回りをしたのが正解。アサギマダラが飛んでいることに気づく。例年10月の初旬にはじめて見るような気がするが、今までで一番早い記録ではないだろうか。夏にはいつものG高原で見ているが、うちの周りでは、今年初である。

アサギマダラを撮ろうとしていたら、ツマグロヒョウモンにしては、やけに地味なやつが目に入った。もしやと思ってみたらやはり。ミドリヒョウモンのメスだった。撮影対象変更。満足のいく写真は撮れなかったが、ミドリヒョウモンは一度B公園で見たきりなので、見られたことで満足。撮影中にバッテリーが切れ、エネループを取り替えている間に見失う。しかし、同じ個体か別個体かはわからないが、再びミドリヒョウモンのメスにあいまみえる。そのうち、彼女は川から離れ、高く舞い、人家を越えていってしまった。

久しぶりに収入制限のあるアパートの敷地を期待をもって、そして期待はずれで突っ切り、いつものコースに出た。F公園に寄る。ナミアゲハが私の周りを一周。観察されている?公園内をフラフラっとしたが特に収穫なく、自転車のところに戻ろうとすると、またナミアゲハ。あれ、こんなところにミカンの木があったの?ということに気づく。幼虫が何匹かついている。するとまたアゲハがやってきた。花もないのに来るとしたらすることは一つ。産卵。まさに産み付ける瞬間が撮れたが、手前のミカンの枝が邪魔。しかも、そこにピントがあってしまった。

F公園を後にし、図書館を目指す。家を買うまで借りていたアパートの大家さんのところのヒガンバナに、定番のナミアゲハが来ていた。定番とはいえ、ヒガンバナに来たアゲハをまともに撮ったのは、これがはじめて。

図書館前後に恒例のK林。いつものコナラには、立派なオオスズメバチ。この時期はかなりの確率で見られる。いい加減見慣れてきたので、この状況ではスズメバチは多分危険ではないということがわかってきた。少なくとも怖くない。ちょっとしか。一応仕切りになっている低いロープには、赤とんぼがたくさん来ていた。コノシメトンボとおそらくアキアカネだった。

午後からは仕事。今日の仕事場の最寄り駅の壁にチャバネセセリ。うちの周りでは、気づかないだけなのかイチモンジセセリしか見られないので、これまた満足。チャバネセセリなんて、何年か前にG高原で見て以来のはず。

画像は、混沌のアルバム 2009年9月20日

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。