庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

事前に情報を得て、本社で会議の後、H公園へ。お目当てはコガタスズメバチの巣。スズメバチも見えるし、ここかなあというところで写真を撮っていたら、見覚えのある人に話しかけられた。なにを撮っているんですかって。私の予想では、そもそもこの人が情報源なのだ。コガタスズメバチのことを話すと、巣はすでに昨日の早朝に撤去されているとのこと。どうりで、巣がよく見えないと(一部だけ見えるような感じだった)思った。

コガタと名がつくが、十分デカイ。近くを飛ばれると緊張が走る。そもそもオオスズメバチとどうやって区別するんだよ!と思って調べたら、まずい、今までオオスズメバチと私が思っていたもののいくつかは、コガタスズメバチだった!

胸が真っ黒なのがコガタスズメバチ。ヒップに入った縞模様には、個体差もあるが、オレンジも入りカラフルでおしゃれ。これがオオスズメバチだと胸の下のほうは黄色で、ヒップは黄色と黒のほぼ2色。顔つきも違うとされるが、まじまじ顔を見られることはあまりないので、胸とお尻に注目するのが実践的かと。

画像は、混沌のアルバム 2009年9月8日。巣の残骸が暗いところにあり、しかも動き回るスズメバチから距離をとるため望遠で撮っているので、画像はひどいものが多い。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。