庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711

ヤブガラシがまた増えてきたので、いろいろ虫が見られるだろうと思い、出勤時にはお庭の広??いおうちの横を通るようにしている今日この頃。そこだけはゆっくり歩く。ヤブガラシの花に集まってくる虫が楽しい。ただ、ハチなどはなかなか止まらないものが多いので、写真撮影は難しい。

ヤブガラシを過ぎて、ミカンの木が何本も植えてあるところに差しかかったら、褐色型のカマキリのメスがいた。とりあえず撮ってから、威嚇のポーズをとらせてオオカマキリかチョウセンカマキリか確認。左の指をちょんと突き出したら、予想に反して攻撃してきた。思わず手を引っ込めたら、しがみついた格好になり、そのまま少し持ち運ぶ状態になった。鎌が指に食い込み、妊娠中期のオオカマキリの全体重を支えることになり、けっこう痛かった。

画像は、混沌のアルバム 2009年9月3日

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析