庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

朝は雨。行きの電車は上着を着ても寒かった。梅雨に逆戻り。新聞の天気欄には、「梅雨前線」なる言葉も出ていた。梅雨明けしてからも梅雨前線というのか。普通に手痛い前線ではなく、停滞前線というところではないのか。

朝ごはんを食べているときは、日食は絶望だな、と思った。電車の中のお天気ニュースでは、昼からうっすら日が差して、日食が見られるかもしれないと出ていた。ふーん。私はどうせ窓のない部屋にいるし、その時間。ずうっと曇っているようだったので、午後になっても、ちょっぴり損しなかった気分。ところが、日食見えたという複数の小学生の声を聞いた。うっすらある雲が、ちょうどよいフィルターになったのか。 してやられた気分。

FC2 トラックバックテーマ:「皆既日食、観察できましたか?」

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。