庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
P8050116.jpg今日から夏休み♪しかし、目覚ましなしで、仕事しているときよりも30分も早く目覚める。朝から何度も庭の観察。
「おお、ぺしゃんこのできたての抜け殻だぁ?」(写真ではぺったんこ感が残念ながらいまいち)
一人ではしゃぐのはもったいないので、子供も巻き込んだ。さらに、すぐ近くに「本体」も発見。喜び倍増。9時21分の撮影。
P8050117.jpg別角度。真夏の青虫にしては、脱皮直後とはいえかなり小型。やはりこの写真ではその感じがまったくわからないが。きちんと測っていないが3cmあるかないかというところ。

P8050131.jpg上の写真を撮った時点ではまだ4令幼虫だったものが、川の観察から帰ってきてみてみると脱皮していた。12時27分。今は脱いだ後になっている皮の白いところが朝には下が透けて緑色に見えていたので、「これももうすぐ脱皮するよ」と息子に予告しておいたが、こんなに早く来るとは思わなかった。これはさらにちっちゃい。
その後、もう1匹青いのが見つかりびっくり。そんなにアゲハの幼虫がいたのか。アゲハ3兄弟再びというところか。はたして、今度こそさなぎまでいけるのだろうか。
それにしても、暑すぎて陰樹のサンショウはだいぶまいっているらしい。葉に元気がない。そのため葉にも栄養が少ないのだろうか、真夏なのに幼虫が小柄である。
P8050110.jpg夜盗虫。これも脱皮。あとちょっとで終了。さかのぼって7時18分。変な姿勢で止まっているなあと思ったら、お尻のほうに証拠があった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析