庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
夜の7時ごろの天気予報では、今日の最低気温は5、6度だと言っていた。午前中は雨でがっかり、午後から晴れたのは一瞬だけ。図書館に出かけたのは14時半ごろだったが、けっこう寒かった。それでも、裏地を入れていないハーフコートを羽織るだけでもまだまだいける。片手は常にポケットに突っ込んで自転車をこいでいたけど。

庭を見渡すと、なんだか木々が荒れ放題。クミゴンは、実家の庭もこんなもんだったからという。

ところで、以前触れていたかどうか忘れたが、庭にはクローバー(シロツメクサ)も生えてきている。これは、今年の夏にクローバーで作った花飾りをそのまま庭に放置しておいたものの中から、種がこぼれて目が出始めたと推測している。シロツメクサはマメ科なので、今後たくましく増えていくのではないかと楽しみにしている。もっとも、すっかり忘れていたが、カトレアクローバーは絶えてしまったが。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。