庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
勤労感謝の日の話。
出かけたばかりのクミゴンから携帯に電話があった。てっきり忘れ物かと思ったら、女優が「黒いギザギザの蝶」を発見したと言う。場所は歩いてすぐのところ。
「ルリタテハでしょ」とすぐ当たりがついたが、とりあえずデジカメ持ってGo♪
ルリタテハはい、ルリタテハでした。せっかくなので、きれいな表側の翅も見たい。飛んでいかれるのを覚悟で、右手にデジカメを持ったまま、左手で翅をこじ開けようとする。なんと、飛んでいかなかった。いや、飛んでいかれなかったというのが正しい。翅をプルプル小刻みに動かし始めた。この前の蛾(ウスチャヤガ)と同じ。気温が低くて、自由に飛べないらしい。いったん羽ばたいたが、すぐアスファルトに不時着。その後、手乗りにした。手乗りのまま、撮影しやすいように日なたに持っていった。しばらくしてから、体が温まったそのルリタテハは飛んでいった。飛んでいったとはいえ、すぐ近くの高い電信柱に止まったままだったが。

翅を動かす様子は、動画にも撮った。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。