庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
午前中、コンビニに行ってから、遠回りしてA川沿いから帰ってくる。お目当てはアサギマダラ。1頭だけいた。オス。他にツマグロヒョウモンのオスやモンシロチョウ(多分)が飛んでいた。アサギマダラは撮ろうとすると日陰の方に飛んでいってしまい、どれもいまひとつの画像。あきらめてその場を後にする。

川沿いに橋を一つ過ぎると、コサギがいた(カルガモもいたが無視)。撮ろうとするとあっちに飛んでいってしまう。予想どおりだが。B公園で見るのと違い、A川で見る場合は、コサギも警戒心が強い。数枚撮ってあきらめて帰る。

家の前に来て、駐車スペースのシバを覗き込むと、まだみずみずしいヒキガエルのうんちがスミレの横にあった。夜にスミレの葉を食っている夜盗虫は格好の餌食なのかもしれない。

庭のサンショウにいたカラスアゲハの終齢幼虫なんとなく、庭のほうにも行ってみる。バラには相変わらずチュウレンジの幼虫が何匹もついている。クワズイモとサンショウの方に行ってみると、おや、見慣れない緑のアゲハタイプの幼虫。すぐにカラスアゲハかミヤマカラスアゲハの幼虫とピンと来る。写真を何枚か撮り、さらに、ツンと幼虫に触って、「角」を出させるところを動画に撮った

『日本産幼虫図鑑』でも幼虫図鑑のサイトでもカラスアゲハとミヤマカラスアゲハを見比べるが、どんどんわからなくなっていく。結局、ちょうきちさんにカラスアゲハの幼虫と教わる。

それにしても、枯れ始めてきたサンショウの葉の上で、この黄緑色は目立ちすぎる。鳥に食べられなければよいのだが。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
はじめまして、ちょくちょく見に来てます。また遊びにきますね。
2008/10/22(水) 10:29:46 | URL | hanae #-[ 編集]
はじめましてhanaeさん
どちらからいらしたのでしょう?
2008/10/22(水) 23:11:37 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。