庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
午前中晴れたので、短期決戦でB公園へ。
しかし、しかし、ついに、いなくなってしまった。産卵からずうっと追っていたゴマダラチョウの幼虫が。いずれ食糧危機に見舞われることはわかっていたが、まだ若干の葉を残しているのに1匹もいなくなってしまった。全身の力が抜けた。誰かが別の場所に移してくれたのならばいいが。鳥にすべて食べられた可能性ももちろんある。

秘密基地では、アオモンイトトンボの成熟したメスっぽいイトトンボを見た。そのあとさらにメタリックカラーの緑系のイトトンボも見た。この前見たオオアオイトトンボよりも心持ち小さい印象。どうしても撮れる場所に来てくれず、左の方で赤トンボの2匹の絡み(交尾か?)の羽音に驚いて目を逸らしたら、そのまま見失ってしまった。


ムクノキやその周辺に生えたキノコスズメバチに横取りされたニホンミツバチの巣を見に行くと、相変わらずだった。ただ、そのムクノキやその周りから、キノコが生えていた。それを眺めていたら、おじいさんに近いおじさんがやってきて、やはりキノコが生えている、とひとり言を言っていた。そこで私が、こっちにニホンミツバチの巣があったんですよ、と話しかけたら、そのことも知っていて、同じ場所を観察している仲間だった。しばし、会話を交わした。手ぶらで来ていたそのおじさん、おもむろにウエストポーチからデジカメを取り出して、撮影していた。私は時間を気にして、先に失礼した。公園を出る直前、一人のおじさんが少しかがんだ。でっかいオオスズメバチが、その人の周りを一周して行ったのだった。思わず話しかけてしまった。
「おっきかったですね」
「スズメバチ」
「ええ」

スズメバチは、大きくて怖いけど、やっぱり憧れ。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
画面左下のキノコが
横を向いたされこうべ(上)と正面を向いたされこうべ(下)に見えてしまいました。(^^;)
2008/10/12(日) 02:18:22 | URL | どべ #U6M1AWu2[ 編集]
うぉお
うぉお、確かに。
サムネイルだと。
こぇぇ~~、心霊写真だ(笑)。
2008/10/12(日) 03:48:09 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。