庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
ビロードハマキ見た瞬間、「なんだ、これは?」とギョッとした。毒々しい。幼虫?蛾の成虫?幼虫ならば逃げられることはないが、成虫ならば下手に近づくと飛んでいってしまう。とりあえず、まずは遠くから撮る。それから、画像サイズを大きくして、撮る。それから、なるべく近づいて、画像サイズは最小に戻して、撮る。それから、さらに葉に手をかけて、こちらに近づけて、撮りやすいように、あるいはいろいろな角度から撮る、としようと思ったら、飛び立った。ガの成虫だったのか!カメラを持つ右手に少しかすった。ガの成虫で毒をもつものは少ないが、ちょっと警戒する。ガの方は、何を思ったか、池に落ちてしまい、バタバタおぼれた。近くにいたカルガモが、はっと気づき、すうっと突進。パクパクパクパクと嘴を小刻みに動かし、普通の食事のときとなんら変わらない食べ方で平らげた。水面にはほんの少し翅が残っただけ。家で調べたら、ビロードハマキというガだった。私が殺してしまった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析