庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
P7170050.jpgこの鉢は今年買ったヘチマの苗を植えたもの。ふだん大して気にも留めていなかったが、近づいてよく見ると・・・。
P7170043.jpg小さな小さな双葉やら雑草たちは、カタバミであった。

ちなみに、最初の画像で、左上に見える鉢は、もともとはバラの鉢である。なぜかマツバボタンとペチュニアが繁殖し、バラ自体はほとんど見えなくなってしまった。



先日書きそびれたが、この前の日曜日、今年初めてのトウキョウヒメハンミョウの成虫を見た。北砂利で。いつもは庭で見るのだが、今年はまったく見ていない。カタバミが増えすぎたからか?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ちっちゃな双葉
いつの間にか植えていたはずのものじゃない植物に鉢が占拠されていることってよくありますよね~。

カタバミもちっちゃいうちはいいけれど。。。

ほへ~。カタバミとハンミョウって何かそういう関係があるものなのかなぁ。
2005/07/19(火) 23:57:17 | URL | hanaboro #-[ 編集]
ハンミョウ
hanaboroさん、うちの庭に来るトウキョウヒメハンミョウの場合、乾いた硬い地面が幼虫の巣になります。カタバミでそういう地面がことごとく覆われてしまっているので、巣が激減していると思います。
それから、成虫も昼間に高速で地面すれすれの超低空をびゅんびゅん飛びまわりますが、やはりカタバミが邪魔でないかと。
2005/07/20(水) 01:31:48 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析