庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
あっという間に7月が終わってしまって、8月になった。夕刊を見たら、「7月記録的猛暑」と出ていた。確かに梅雨明け宣言はあまりに遅いくらいで、雨はあまり降らなかったけど、そこまで暑いとは思わなかった。まあ、昼間はエアコンの効いた室内にいるし。休みもほとんどなかったので(3日も休んだが)、涼しいところにいる時間が長かったせいであろう。

それにしても、京都では31日間すべて30度を越える真夏日。東京の大手町でも23日。でも、気温30度って、そんなに暑いか?そりゃあ、気温は風通しのよい日陰で測るから、日なたは暑いけど。

今パソコンのあるところの温度計は29度。Tシャツに短パンで余裕。

しかし、35度以上の猛暑日。これはきつい。日田では17日間(これはきつすぎる!)、熊本では13日間(約半分!)、名古屋、京都、岡山、佐賀ではそれぞれ12日間。東京大手町は0。九州から関西がきつかったんだねえ。

地球温暖化では、梅雨が長期化すると予測されていますが?梅雨が短くても、気温が上がればやっぱり地球温暖化?温暖化というより灼熱化のほうがぴったりでは。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析