庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
6月30日25時過ぎ、家に帰ってからすぐ庭へ。父の日のプレゼントで種を蒔いてくれたヒマワリ、2個だけ虫に食われながら育っているが、その生え抜きの2個、ともに夜盗虫の若齢幼虫にそれぞれ食われていた。とりあえず撮影した後、死刑にしようと思ったが、思いとどまり、クワズイモコーナーに島流しの刑にした。ヒキガエルのアジトのすぐ近くで、食われる可能性もあると思ったが、肝心のヒキガエルは土曜日の午前に電車男にいるところを見せて以来、家出。帰ってこない。まあ、ヒキガエルがいなくとも、あの場所では歩行が困難だろう。ツユクサまでたどり着いて、ツユクサを食う分にはまったく問題ない。餓死してもそのまま土の栄養になってくれるだろう。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。