庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
今日は休みだが、昼間の会議だけ出席。その後、H公園に寄る。1時間以上いた。
おたまじゃくしのいっぱいいる池をずうっと見ていたら、トンボが飛んできた。腹部は青が混じっていて、日陰を飛んでいるのではっきりはわからないが、胴体は黒と青と緑に見えた。写真も一応撮ったが、とても種を同定できるレベルのものではない。シャッター速度1/10秒で飛んでいるトンボは無理だ(笑)。画像を見ると、光の加減であろうが、翅が青っぽく見えるのが不思議だ。家に帰って調べてみて、一番可能性があるのは、クロスジギンヤンマであるという結論に達する。

カキツバタに止まるアオモンイトトンボ家に帰ってからB公園にも行った。大砲持ったおじさんが何か撮っているのでたずねてみると、何かのイトトンボだった。私には一瞬しか見えず、撮れなかった。胴体は茶色っぽかった。その後別のところで、そこはアヤメ科カキツバタが群生しているところだが、やはりクロスジギンヤンマっぽいトンボを見る。この時期に、そこにクロスジギンヤンマが出るという情報はあるので、たぶんそうではないかと思う。2回見た。H公園でもそうだったが、ともに池の周りの木のほうに高く飛んでいってしまい、見失う。同じ場所でアオモンイトトンボを複数匹見る。これは撮れた。

H公園に話を戻すと、池にいる大小2種類いると思われるおたまじゃくしのうち、大きいほうはアカガエルとのこと。アカガエルというのは、去年、鬼怒川で見たのと同じだと思う。他にスズメバチを2回見た。他にも何種類かの虫を見たが、粘ってその場に身を浸していないと、意外と虫が見つからないという印象だった。
また、トチノキの花が咲いており、まさに昨日はもようさんのところで見たトチノキと同じ花だ、しかし、花の色がピンクだ、おかしいと思っていたら、ベニバナトチノキであった。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
混沌さん、こんばんは。
TBに気づいて見に来ました。

あ、混沌さん「ベニパナトチノキ」を見たのね。
色鮮やかだったでしょ?
でも、トチノキのお花の穂は、ベニバナよりもずっと長いですよ、
2008/05/23(金) 00:05:42 | URL | はもよう #hv3mJpi2[ 編集]
トチノキ
トチノキは、いつも行っているB公園にもあるので、探せば花も見られるはずなんですが、最近はもっぱら虫と鳥が観察の中心なもんで。特に虫のシーズンになりましたね。
2008/05/23(金) 01:23:27 | URL | 混沌 #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析