庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
カワセミカワセミを眺めていたら、知らないおばさんに話しかけられた。その連れのおじさんたちとも少し会話を交わす。場所を移ったとき気づいた。
木に巻きついたアオダイショウわお!ヘビ。
まるで図鑑か何かで見たようなシチュエーション。そう思った。
木に巻きついたアオダイショウ アップさっきのおじさんたちに紹介する。「ヘビがいますよ」「ほんとだ、よく見つけたねえ」(たまたま目に入っただけなのだが)「やっぱりヘビだよねえ。俺もさっきヘビだと思ったんだよ」
今度はまた別のピンのおじさんが来て、話しかけられた。今日はよく話しかけられる。
「あれ、1週間くらい前からあそこにいるよ」
「え、そんな前からですか?」
「たぶん、死んでんじゃね?」
(死んだまままきついていられるのだろうか?)
「ヘビ、いっぱいいるよぉ、今の時期は」
「そうなんですか?私はここではじめて見ました」
「あっちにもいるよ。ほらあそこの・・・」
わからなかった。
「2メートルくらいあるよ。伸ばせば。この前なんて、出てたよ」
感心して聞いていると
「連れてってやろうか。今日はちょっとしか、30cmくらいしか出てなかったけど」
「ええ、ぜひ」
とにうわけでのこのこ付いて行った。着いた場所は、あろうことか、いつもの通り道だった。
「ほら」
「あ、ほんとだ」
「今日は寒いから、ちょっとしか出てないや。この時期になると、出てくるんだよ。あそこに巣があるんだな」
そういえば、去年E公園で見たヘビのことを思い出す。時期はやはり4月か5月だった。まさに穴から出ているような似たような感じだった。
それから聞いた話が面白かった。シマヘビは食ったことあるが、うまい。しかし、アオダイショウはうまくないとのこと。私は自分の悩みを告白した。1年来の悩みだ。
「シマヘビとアオダイショウの区別が付かないんですけど」
「シマヘビは背中に3本の縞があるんだ」
(顔で区別する方法が知りたかったのだが)
「あれはどっちですか?」
「アオダイショウだよ」
どっちも食べたことある人の言うことなので、間違いないだろう。
「さっきのはどっちですか?」
「あれもアオダイショウだよ」
私もアオダイショウではないかと思っていたが、別のおじさんが通ったとき、シマヘビだと言っていたので、おかしいなと思っていた。
「子供のころはシマヘビもマムシもよく見たよ」
(昔からこの近くに住んでいる人なのだろうか?)
「今でもこの辺にシマヘビやマムシがいてもおかしくないんだけどね。100年くらいこうなんだろ、ここ」
(公園となってからは100年も経っていないが)
話しているうちに、アオダイショウは引っ込んでしまった。写真を撮りそびれた。
アオダイショウの首時間を改めてまた見に行くと、今度は別の穴から顔を出していた。ヘビと言うと気持ち悪がる人が多いが、これはかわいい。ものすごくかわいい。愛らしい。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。