庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
今日は子供たちの運動会のこともあり、天気が心配で7時前に目が覚めた。1階の窓からそうっと庭を見ると、きれいな小鳥がいて、シジュウカラだった。その振る舞いはまるでスズメのようだった。B公園ではシジュウカラが地上まで降りてきて、虫を取っているのを見たことはある。しかし、うちのまわりでは初めてだった。シジュウカラは、住宅街では上のほうで鳴いているというイメージしかなかった。うちの庭に降りてきたのは、早朝ならではかもしれない。かつてのエビガラスズメの大量殺戮やナミアゲハの幼虫全滅の容疑者がまた増えた。

これを書いている途中、運動会延期の電話連絡が立て続けに(二人分)来た。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析