庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201408<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201410

毎年9月は中間目標に向け、仕事に現(うつつ)を抜かしているので、虫が楽しい季節にもかかわらず、あんまり観察できない。が、今年は日曜日の仕事をやめたので、休みが多い。週に2回も休むと暇すぎて死にそうだ。今年は時間を買って、自己投資に使うはずだったが…。

10月の上旬には、A川で確実にミズヒマワリに来るアサギマダラが見られる。9月の下旬は普段観察していないので、いつもいるのかどうかはよくわからない。ただ、今年は明らかにヒガンバナが早いので、その分アサギマダラも早いかもしれないと思い、ぶらりと散歩してみた。まあ、写真はいいやと思ったので、6倍双眼鏡だけ持って。

見られたチョウは、イチモンジセセリ、ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハ、キタテハ、アオスジアゲハ、モンシロチョウ、キタキチョウ、そしてミドリヒョウモン。ミドリヒョウモンはあまり見られないので、しばらく眺めてた。翅がボロボロだった。と、そこへ別のがやってきた。オスだ。ミズヒマワリで吸蜜していたメスに執拗に食い下がる。嫌がるメス。追いかけるオス。見づらい草の下の方まで行ったが、たぶん合体には至っていない。なんだかほほえましかった。逃げ回るメスに追いかけるオスにさらに別のオスも加わった。結局見失った。追いかけるオスも翅がボロボロだった。

これはやはり撮りたいと、カメラを取りにいったん家に戻った。ツイッターの記録を見たら、往復で20分もたっていた。

ミドリヒョウモンのメスは結局見つからなかった。しかし、オスはいた。少なくとも3頭はいた。やっぱりみんな翅がボロボロ。 ミドリヒョウモンのオス

ミドリヒョウモンのメスを探しているうちに、アサギマダラが偶然見つかった。さっき探しているときには見つからなかったのに。やはり日陰にいたか。日なたは直射日光でけっこう暑かった。 アサギマダラのオス

別の個体も見つかった。日なたにもいるではないか。水面が反射する光が、うまくボケてなかなかきれいな写真になった。肝心のモデルがいまいちな感じだし、ミズヒマワリの花は白飛びしているけど。 アサギマダラ キラキラ

書いている途中で終わっているメモ見つけた。もったいないので、そのまま貼り付けとく。面倒なので誤字もそのままで。
[2014年7月11日のメモ]の続きを読む
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析