庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201401

狂い咲きシロバナタンポポの綿毛 昨日、ついにシロバナタンポポの綿毛の1つ目が開いた。今にも開きそうなときもあったが、そのときは雨が降ったからか、とどまっていたようだ。今朝もほとんど同じ状態のままだった。

一昨日の夜、家の近くで月を見上げたら、ぼんやり見えて、さらによく見たら、ハロが出来ていた。月を見上げたまま、周囲に注意しながら、走って家まで帰った。消えないでくれー。屋上に三脚も持って上り、撮影したが、うまく撮れずだった。

ツイッターでこんな素敵な画像を撮っておられる方がいたので、シャッター速度などを尋ねてみた。

月暈1 月暈2 月暈3 そして、昨夜、ちょうど満月なのだが、なんと、二夜連続でハロが見られた。日本語の月暈の方が素敵な名前だな。昨日の反省を生かし、撮影するも、真っ白に(笑)。シャッター速度を思い切って短くしたりする等してやり直し。3枚まとめてどどんと出しておきます。 真っ白といいつつよく見るとまあ写っているし、なんといっても木星近くのふたご座が一番写っているのが1枚目。当日の月と星座の配置を調べて、もう一度よく見たら、オリオン座も写っていた。右下の暈の外にあるのがリゲル。三ツ星はギリギリ暈の中に納まっている。ベテルギウスは無理かと思ったが、写ってたわ。んー、すると左下の白いぽちは、こいぬ座のプロキオンだなあ。

[二夜連続の月暈]の続きを読む
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析