庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201212<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201302

今朝は目覚ましどおりに6時に起き、6時半過ぎに家を出た。普通の小降りの雨だった。今上空にある雲は、しとしと雨を降らせる乱層雲だよなあ、写真は撮りづらいし、見た目の面白さはないよなあなんてこと考えながら駅に向かっていた。

出かける直前に見た天気予報では、内陸部は雪が降るかも、そして21時くらいにはうちの近辺は曇りということだった。それならば夜にはB公園に行けるかもと思っていた。

雪になったのはいつからだろう。職場に着いた8時ちょっと前はやはり普通の小降りの雨だった。9時前には雪になっているのに気づいた。まさかそんなに積もるとも思わなかったし、そのうち雨になるのではないかと思っていた、なんとなく。

家に帰ってきたのは16時ちょっと前。雪はもはや牡丹雪ではなくなり、小降りになっていたが、それでも風がけっこうあり、傘をさしていたにもかかわらず、家に着いてみると、コートは広範囲にぬれていた。家に帰るまでの道は、思ったよりも踏み固められており、靴まで浸水することはなかった。ただし、アスファルトがむき出しになっているところはほとんどなかった。

モッコウバラ・バラバラ折れる 郵便ポストに積もった雪 電柱に吹き込んだ雪 それにしても雪の積もり方はすごいのすごくないの。まさか庭のモッコウバラがバラバラ折れる事態になるとは。目隠しの意味もあるのに、一部めちゃくちゃ見通しが良くなっちゃいましたよ。電柱を見ると北から風が吹いていたことが分かる。

あしたは晴れるそうだが、いやあ、こりゃまたあしたからが大変。

2013年1月11日11時41分 2013年1月13日11時11分 鳥たちは食べごろを知っているんだよなあ。48時間でこんなに食われた。

 実家に帰ってくる楽しみは、
  • 団地の壁に蛾がよくはりついていて、簡単に撮れること
  • 富士山を撮りやすいところがあること
  • うちの近くにはない河原環境があること
など。すべて、ここ何年かにこの魅力に気づいた。蛾なんて、以前は全然興味なかったからなあ。なんかすごいもったいないことしたよな。富士山はともかく、河原環境もだ。まあ、川には中学生のころは遊びに行きはしたけど。

今回のお正月休みの連休は、全部そこそこ願望を果たした。今日の午前は川に行った。

出かけたのは9時半過ぎ。持ち物は最重量コンビ。E-30に2倍テレコンEC-20をつけてZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD。双眼鏡もヒノデC2-8×42。 自転車を出して、手袋をしようとしたとき、視界を白い蝶のようなものが横切った。この時期の蛾にしては大きいので、鳥だろうと辺りを見ていたら、ウグイスだった。念のため虫用につけていたZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macroでそのまま撮ろうとしたら、逃げられた。飛んだ先を追ったが見失う。あ、見えたと思ったら、なんとメジロにすり替わっていた。あちらこちらに鳴き声とともにメジロを見る。

いつもとちょっと違う経路で行こうとしたが、結局同じになった。と、そのとき、鳥が目に入った。スズメじゃないな、単独だ。モズ?にしては少し小さいか。それにしっぽを振り振りしていない。ジョウビタキだ。マクロのままカメラを向けたら道路の反対側に逃げられた。レンズを付け替えて、一応撮った。これ以後マクロの出番なし。最初にジョウビタキがいたところに目をやると、まだ他の鳥もいた。メジロだった。別にこれから行く川に固執することもないし、このあまり背の高くない横に広がった何本かあるクリの木の所で鳥見もいいかと考えていたら、みんなどこかへ飛んで行ってしまった。

坂を下って、川に向かう。ここは中学生のとき、1月の駅伝で走ったコースでもある。冬に通るたびにそんなことを思い出す。坂を下ったところで電線の上に鳥が見えた。逆光でよくわからない。信号を過ぎて順光になったときに分かった。やはりヒヨドリだ。

富士山20130102 10:02 川の土手に着いてから、いつものように自転車をすぐにはおかず、ちょっと橋の方に行って富士山を確認してみようとする。しかし、橋まで行かなくても富士山が見えることに気づいた。今日は朝7時半過ぎでももやがかかっていて昨日とはまるで違う見え味の富士山だったが、さすがに10時になるといよいよ見づらい。一応、証拠写真を。家で画像を確認していたとき、失敗写真かと勘違いし、危うく消すところだった。この土手沿いからはずうっと富士山が見えるはず。そんなことに初めて気づいた。

視線を下の方に落とすと、地上で食事をしていたハクセキレイが何かの鳥に追われている。追っかけているのはモズのような。双眼鏡を取り出して見ようとするが、とらえたと思ったら、すぐに見失った。

それにしても暖かい。ちょうど10時くらいだった。日差しがかなり真横に近いので、たっぷり日が当たるからだなあと思っていたが、もちろんそれもあるのだが、今日はもともと暖かい日だったと後で天気予報で知った。東京で14.4度になったと。しかし、10時だからそれよりは気温は低いか。いずれにしても、ジョウビタキを撮ったときから手袋は外していた。

いつものところに自転車を置いて、土手を降りる。夏にはハグロトンボがいるところにやはりカモたち。コンクリートに上がっていたオナガガモが少しとコガモ少々、そして、近づくと水草の陰から出てくる出てくる年中無休のカルガモ。オナガガモを撮ったつもりがカルガモだった。しかもピントが奥にあったうえに、入りきらなかった。

陸の方を撮る。ハクセキレイに、ここではよく見るセグロセキレイ。そして、ここでは冬の定番、タヒバリ。ちょこまか動いて撮りづらい。撮っている途中で、視界にチラッと入っただけでオオカマキリの卵(卵嚢)に気づいた。ああ、やっぱり私は虫屋と思いながら、タヒバリが行ってしまったあと、その低木に近づいたら、その木にはもう一つオオカマキリの卵があった。

川の方に行く。白鷺がいる。脚が黄色くない。ダイサギか。 (続く予定だが、面倒で 時間がなくて、もう終るかも、汗)

撮った画像はすべてFacebookページのアルバムに。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析