庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201201<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201204
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

1時半ごろにB公園に出撃し、蛾を探しに行く。その途中、東の方に明るい星が見えた。こと座のベガ?と思いながら自転車をこいだ。

帰りは3時半ごろ。今度は大きな三角形が見えた。やはり、夏の大三角か。行きには見当たらなかった月も見えた。

家に帰ってから調べると、月齢は正午で23.2、月の出は1:28。行きに見えなかったのは観察不足ではなくやはり必然だった。月より右側、真南よりやや東よりにアンタレス。そうか、もうこんな位置に見えるのか。これはもう双眼鏡でさそり座を見てみることに。

お供は日の出の双眼鏡6×30-B2。やはりこれが正解。星は良く見えるし、星座の形も楽に追える。都会でもこんなにも星が見えて、しかも星座がわかりやすい。重さも重すぎず軽すぎずで持ちやすい。手振れもほんの少しする程度。見るのに支障はほとんどない。

アンタレスは肉眼でもすぐわかる。そこを双眼鏡でのぞいてから、上の方にすうっとなぞるように無理なく動かして星座の形が追える。確かにさそり座だ。

今度は、その左の方にある月を見た。くっきり。地球照も見えたのにはちょっと驚いた。まだあんなに月が太いのに見えるとは思わなかった。

こと座のベガ付近を見てみる。双眼鏡の視野にこと座がすっぽり入るかどうかというところ。この形は今まで自分で撮った写真でしか確認したことなかったよ。

いい。これはいい。やはり日の出のB2。狙いどおり天体観測にぴったり。これから星座を都会でも楽しんでみたいという人に自信をもってお勧め。

ところで、私はまだストラップを通していない。はじめ、通すのにてこずってそのままになっているというのもある。しかし最近では、ホールド感が抜群のため、ストラップなしでも間違って双眼鏡を落としてしまうことがなさそうなので、別にそのままでいいかという気がしてきている。

スポンサーサイト

久しぶりにインフルエンザになったので、ちょっと記録を残しておこうと思う。

27日(月)、夕方から夜にかけて、職場でちょっと顔がほてっていた。しかし、単に暑かっただけかも知れない。体調悪いという自覚あり。

28日(火)、くしゃみがよく出た。スギ花粉のせいか風邪のせいなのかは不明である。当時は前者だと思っていた。前日より体調、明らかに悪い。実は熱があったのかも。

29日(水)、はっきり体調が悪い。職場で夕方に熱を測ったら、37度の微熱。さらに調子悪いと思ってその2時間後くらいに計ったら、38度4分。定時より少し早く帰宅した。風呂に入って温まり、ご飯を食べずに寝たように記憶している。

1日(木)、5時過ぎに目覚め、体温を測ると38度台。そのまま寝て、次に計ったのが10時10分前。37度台に低下。仕事に行かなくてはならない。4時間だけ仕事をして帰宅。夕方にお昼ご飯を食べたので、夜ご飯は食べず。家に帰ってからは、ひたすら寝ていた。子供たちが続けてやってきたが、何かあったら携帯にかけろ、くるなと伝えた。夕方6時ころだと思うが、リンゴとイチゴの配給があった。うまかった。それで夜ご飯がいらなくなった。

2日(金)、また37度台に下がる。雨が降る前に医者に行きたいところだったが、そこまでの気力がなく、結局お昼近くにネットで調べた医者に。こんなに駅前に内科があることに驚く。

クリニック内でも検温。やはり37度台。熱があるのでということで、待合室からベッドの方に隔離される。そこで、診察に先立ち看護師さんから問診。すいていたが、私の次には若い女性がカーテン越しで隣のベッドに。聞こえてくる会話から、彼女はノロウイルスの疑いが濃厚。そこらのものから手を引っ込め、何も触らないようにした。

その後、ベッドに座ったままインフルエンザの検査。そのとき医者が登場。うむ、確かにホームページにあったのと同じ顔だった。その後しばらくしてから診察室で。「A型インフルエンザですね」「え~~~~」天をあおいだ。のけぞった。まさか!それだけはないと思っていた。熱はそんなに出なかったし。確かに寝ている割には下がりきらなかったけど。

イナビルという一回吸引すればすむインフルエンザの増殖を抑える薬を処方された。合わせて対処療法的にせきや鼻水を抑える薬と頓服薬。日曜日に頓服を使わず熱が下がっていたら、火曜日から出てよいといわれた。ただし、マスクは1週間着用と。熱は下がってもウィルスはもっているからとのこと。

家に帰ってから、薬を飲むためにご飯を食べる。なんか本末転倒。それからはただ寝ていた。夕方熱を測ったら、なんと38度台に上がっていた。そこで、夕飯を食べてから最初で最後の頓服薬を飲んだ。

2階の寝室に私は1人隔離された。夕飯でさえもそこで。冷凍のほうとうだったが、とてもうまかった。2~3~4時間ごとに目が覚めたが、かまわず横になっていた。そこまでつらくはなかったが、退屈だった。

3日(土)、熱は5時ごろにまだ38度、それから9時くらいには37度台に下がった。昼前には36度台になり、もう大丈夫な感じだった。夜明け前後にはいろいろなことを考えていたが、一番思ったのは、将来寝たきり老人にはなりたくないということ。少なくとも自分にとっては、それでは生きている意味がないと思った。

13時ごろ、職場と連絡を取った。まあ、いろいろ大変そうだったが、優秀な部下が全部やってくれた。心から感謝をささげる。ありがとう。おかげで安心して休めた。

次に電話したのは14時ごろ。なんと、No.2が出社していない。きのうの夜も具合悪そうだったという。とにかく連絡取るように指示を出した。

次に電話したのは15時ちょっと前。なんと、彼も高熱を発したとのこと。朝から40度近いと。私はそこまで熱が上がらなかったし、今流行のはあまり熱が上がらないというので、インフルエンザではないのではないかと思ったし、思いたかった。医者は土曜日だから午後はやっていないだろうし、月曜日に行くとか。

そりゃいかん。私が彼のためにネットで土曜日の午後に診療をやっているところを見つけた。その医院にも確認の電話したら、診察は16時までだが受付は15時半までにしてほしいとのこと。同じことを職場に電話し、彼に連絡を取って伝えるように言った。

この日は、ふらつくが、もう大丈夫と確信した日だった。夜には風呂にも入った。その際体重を量ってびっくり!2キロやせていた。おなかを見ると、ぺったんこ。横にしわが2本できていた。

4日(日)、やはり5時台に目覚める。熱を測ると35度台。おいおい。ちなみに、婦人体温計だから有効数字4桁だ。もう一度寝て、何度か眠りが浅くなるが、最終的に起きたのは9時。テレビでは『題名のない音楽会』をやっていた。ベートーヴェンの『運命』の第4楽章の冒頭、何か物足りないと思ったら、トロンボーン抜きでの試しの演奏だった。

昼間はリハビリを兼ねて、昨日同様、一睡もしないで過ごす。問題なし。寝たのは0時近かった。体力もほぼ回復した感触。

5日(月)、頭脳は完全に明晰。体調は、昨日より後退?仕事に行かないのは、サボっているような感じでどうもいやだ。あまり活動することなく、ダラダラ過ごす。お昼はクミゴンといっしょにリハビリかねて食べに出かけた。その後PHSの解約とコンビニに立ち読み。家に帰ってきたのは15時ごろ。体力がやはり相当落ちている。かなり疲れた。

6日(火)、ついに仕事復帰。肉体労働が勘違いで3倍あった。しかし、なんとかもった。夜、B公園に行くつもりだったが、自粛。

7日(水)、なんかまだ調子悪いよ。夜、やはりB公園に行くつもりだったが、昨日より疲れているので、連日着替えたが、あきらめた。

8日(木)、復帰してから体調最悪。手首などがだるい。夜まで持つか本当に不安だった。しかし、仕事が終わるとやや復調の兆し。翌日が休みということもあり、立ち読みをして帰った。今日こそは夜のB公園に行こうと思ったが、眠く、コタツでちょっと横になって、目が覚めたら行こうと決める。

9日(金)、コタツで目覚めたのはちょうど5時。腕時計もしたまま。雨が降っているようだ。結局またB公園は断念。しかし、やはり家でゆっくりしていると、身体は楽。だが、雨の中これから確定申告に行かなければ。

ようこそ、「庭の観察記録」へ!

ちょっとした日々の観察記録は、今後は「混沌の間」の「日々の記憶録」に綴っていきます。

「日々の記憶録」では長くなりすぎる場合は、こちらに書いていきます。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。