庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201106<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201108
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

今日も涼しいが、昼間はほんの少しだけぬるい空気がやってきたか。久しぶりに夜早く帰ってきたが、雲は切れてきていて、久しぶりに空を見た。土星やアンタレス、北斗七星の一部が見えた。

家の近くでは、路上をこちらに向かって止まってはやや不規則に動く小さな物体。思わずよけた。ややオーバーアクションだったか。もちろんそれはクロゴキブリ。

スポンサーサイト

調べたら、5月29日以来の日曜休み。朝ちょいと庭に出ると、ツユクサのところには定番のキバラルリクビボソハムシ。とその近くにカマキリの幼虫。うすい褐色。この大きさで褐色のカマキリの幼虫は初めて見た。今シーズン初めて見た。キバラルリクビボソハムシを狙っているように見えた。向こうは動いていなかったと思うが。とそんなことを考えていたら、鎌で攻撃。しかし、歯が立たない。刃が立たないというべきか。鎌をすぐ引っ込めて、むしろ防御の姿勢に入ったように見えた。

それにしても、ちょっと撮りづらい。ピントの確認も含めて撮った画像を見て気づいた。釜のところに黒っぽい紋がある。これはコカマキリの幼虫か。このサイズのコカマキリの幼虫、初めて見た。幼虫図鑑に投稿しておこうか、でも、もしもコカマキリではなかったらどうしようなどと思い悩む。

『爆丸 バトルブローラーズ ガンダリアンインベーダーズ』が終わるのを待って、女優とB公園へ。二人で行くのはいつ以来だか。お目当てはチョウトンボ。去年、目の前をチョウトンボが二人のすぐ近くを通ったとき、女優は「きれい」と言って喜んでいた。その後も一度、二人で見に行ったが、今年は初めてである。1年たってまた乗ってくるとは、正直半々の確率だと思ってた。

いざ自転車で出かけたはいいものの、どうも女優の自転車、ガタンだかパンだか音がして、後ろのタイヤ、空気が少ないような気がする。パンクかもしれないということで、女優の通うスイミングスクールの目の前まできたところで引き返す。その途中、アスファルトに舞い降りる黒系のアゲハ。あまり湿ってもいないが給水だろう。クロアゲハのオスであると確認できた。

自転車屋に戻ると、パンと音がした場合のパンクは急激にタイヤがしぼむとのこと。空気を入れて様子を見ることになった。いずれにしても、もう体格に比して自転車が小さく、こぎづらそうなのは変わらなかった。

B公園へは、ここ最近はいつもと同じスズメバチスポットから。女優は初めてだったので、だいぶ反発した。そこにチョウトンボがいないことはわかっているから。まあまあ、ここでノコギリクワガタを捕まえたのだからとなだめすかし、なんとか足を運ばせる。女優に見せて喜びそうなのはアカボシゴマダラくらいだが、多分目に入らなかったか。そのコナラの真後ろのクワ(だったと思う)には、ナミヒカゲがそこここたくさんいた。ほらそこ。ほらここにも。ほら。あ、ほんとだそこにも。

いたずら心がむくむく芽生え、ちょっとその低木を蹴飛ばしてみた。なんと、こちらで見つけていたヒカゲチョウの少なく見ても2倍以上が舞い上がった。あまりの多さに二人で大はしゃぎ。一人だったらこんなに楽しくなかったな。そもそも小5の娘といっしょだからこそ蹴飛ばしたというのもあるし。

さて、女優の反対にあいながらも、クヌギやコナラをチェックしつつ、回り道をしてついにお目当ての場所へ。今日もいっぱい待っていましたチョウトンボ。撮っている人も、ぱっと見て舞っているチョウトンボと同じくらいの数。直径何十センチという大口径のレンズで毎年トンボの写真を撮っているいつものおじさんが中心になっている。その時間帯の日陰はちょうど定員分だ。やむなく日なたで観察。写真もいっぱい撮ったよぉ。女優はそのうち飽きて、アスレチックのほうに行ってしまった。私は機材がちんちかちんに熱くなるまでがんばった。チョウトンボのほかには、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、ウチワヤンマ、それから撮れていないが(どうせ撮れないから撮ろうともしていない)ギンヤンマ、撮る気もしないコシアキトンボがいた。

そのおじさんと別の通行人のおばさんの会話の中で、暑いから、マルタンヤンマが下のほうに降りてきてるだろうということだった。あまり暑くないと木の上のほうにいて見られないが、こういう日は見つけられるかはわからないが、下のほうにいるという。そろそろチョウトンボも私の機材と技術では限界になってきたので、女優を迎えに行ったら、ちょうど向こうもこちらにやってきた。うーん、息が合っている。

別のきれいなトンボがいるかもしれないからと言って、嫌がる女優をまた遠回りコースへ誘い出す。やつは飲み物も切れて、そろそろ限界だ。もっと回りたいところが回れなくなるのが、一人で来る場合と違い、いやな点だ。それでも連れまわす。遠回りと言っても、まあ、実際それほどでもない。

こういうところにいるんだと教えながら歩いていたら、さっそく何かを見つけた。ほら、と言われたが、私はすぐにはわからなかった。認識できたとき、なぜあんなに大きいものが目に入らなかったのか不思議なくらいだった。アゲハの形をした鱗翅目の昆虫だった。こんな色のアゲハ見たことない。右の後翅の尾状突起は鳥にでも食われたのか、なくなっている。アゲハモドキって蛾はどんな形だったっけと思い出そうとするが、正確なところがわからない。とにかく逃げられないように注意して、何枚か撮っておいた。家で図鑑を確認してすぐにわかった。これがジャコウアゲハのメスだった。自分一人では絶対に見つけられなかったので、女優に感謝。ジャコウアゲハは大きいというイメージがあったが、ちょっと小ぶりな感じがした。

私が何かを撮っていたからか、先走る女優が、見知らぬおばさんに話しかけられていた。多少会話に割り込んだりしているうち、私とそのおばさんの会話になった。アオスジアゲハらしきものを見たという。別に珍しくもないしなあと内心思っていたが、おばさんは興奮気味だった。こっちのほうで見たというので、ちょうど帰るのと同じ方向なのでついていったら、おっと目の前を黒いアゲハ。目を凝らしてみると、尾状突起がない。やや大きめ。ナガサキアゲハだ。ナガサキアゲハを見たのは、確か今年初。ナガサキアゲハについて、まあ、私もたいしてくわしくはないが、若干レクチャー。長崎とついているように長崎で初めて見つけられた南方系の蝶で、昔はこの近辺にはいなかったんですよ。温暖化で北上していると言われているんですよ。

そのあと、アオスジアゲハはクスノキの葉を食べるんですよ、クスノキは空気の汚れに強いので都心部で結構植えられていて、たとえば丸の内などではアオスジアゲハが一番見られるアゲハですなんて話をしていたら、今度はすぐそこをマルタンヤンマのメスが通っていった。こんな間近にマルタンヤンマのメスを見たのは初めて。

B川を下っていくとハグロトンボが(お歯黒トンボと言っていたが)、10じゃすまないくらいいると教えてくれたそのおばさんと別れた直後、B公園の主が通ったので、私としては超めずらしく自分から「マルタンヤンマのメスが今通り過ぎましたよ」と教えたら、「メスならすぐそこにいるよ」だって。確かに何人かが撮っていた。これだから日曜日の観察はいい。「群集についていく」だけで、自分だけでは見つけられないものにたどり着く。

マルタンヤンマのメス、止まっているところを初めて見た。オスのような美しさはないが、これはこれで趣がある。オスとメスでこうも違うのも乙ではないか。ちょっと距離があったが、ヒノデの8倍の双眼鏡も持ってきているし、女優もばっちり見られた。フラッシュなしで、35mm換算600mmで1/8秒のシャッター速度で、まあまあ撮れた。

それを撮り終えるといっしょにとっていたこれまた時々見かける方が、そのすぐ近くで今度はマルタンヤンマのオスを見つけてくれた。こっちのほうがトンボまでの距離が近いが、AFがまったく効かない。ほんとだとすぐ近くのおばさんも言っていた。こちらはMFで写す。こちらはフラッシュなしは無理だった。暗すぎる。まあ、マルタンヤンマのオスは、フラッシュたいたほうがおそらく美しい。双眼鏡をのぞいた女優も得意の「きれい」で大喜び。

帰り際、まだ大きくなりそうだが、それでも十分大きいスズメガの幼虫もおまけで見て、最終的には、「けっこう楽しかった」ということで大満足の様子。よかった。家に着くなり、蝶がたくさん舞った話をクミゴンにしていた。ぜんぜん伝わっていなかったけど。

夕方からは一人でA川を通ってのフルコースで出撃。今年初のハグロトンボもかろうじて見られた。B公園の入り口、スズメバチスポットでは、そのコナラの根元でなにやらうっすら白い半透明のカマキリの幼虫?ではないよなあ、でも今動いたよなあという不思議な物体を見た。撮った画像をカメラの液晶画面で確認しながらいたら、3枚めを撮るときには正体が判明した。ガガンボの羽化だった。しかし、あのガガンボ、間違いなく木から出てきてるよな。木の中で蛹になる種類もいるの?しかし、これで、樹液のところにしばしばガガンボがいるのにも納得。

そのあと、すっかり日の暮れたところでは、高校生くらいだろうか、カップルがやたらこっちを気にしている。人前ではできない行為にこれから及ぶのであろう。気になりつつもその近くを探索。するとなんと尺取虫ではないがそれを大きくしたような巨大な幼虫を見た。歩いている。写真を撮るには不都合だ。それでも何枚か撮った後、そうだ、ビデオに録画しようと構えるが、今度は止まってしまった。幼虫はたいして移動しないのだから、撮る順序が逆だった。

最初、その幼虫は何とかシタバだろうと思ったが、『日本産幼虫図鑑』にその答えと思しきものが出ていた。ムクゲコノハの幼虫だった。当然初めて見たものである。そこの記述には、数は少なくないが、幼虫はめったに見られないようなことが書いてあった。けっこう満足♪

やっぱり日曜日には日曜日のよさがあるなと再確認したしだい。久々の長編。画像もないのに最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございます。画像は混沌のアルバム2011年7月10日にあります。

はえ~~~~。まあ、梅雨入りも早かったからね。電車男も同じことを言ったとクミゴンから聞いた。しかし、2001年は、梅雨明け、もっと早かった。負けた。21世紀最初の年に。

参考リンク:梅雨入り・梅雨明け平年値

確か数日前に気づいたのだと思うが、クワズイモが花をつけていた。そして、おそらく今日初めてインゲンマメが開花した。もっと早く豆が収穫できると思っていたが、ずいぶん遅い。

画像は混沌のアルバム2011年7月8日を。

そういえば最近夏の大三角をよく見るなと思っていたら、もう七夕だった。しかし、今日は晴れない。まあ、元々七夕って、旧暦らしいからね。梅雨に七夕って変だなあってけっこう前からか思ってた。比較的最近何かで七夕は旧暦での話って読んだ。それで納得。

今日は、7月に入って初めて、画像がないよ。

なんと、6月15日以来の休み。休みがないことで仕事がはかどったかというと、非常に怪しい。さて、昼間はB公園へ。トンボ天国になっていた。チョウトンボも今年初めて見た。相変わらず、この場所では距離があり、あまりいい写真は撮れない。印象としてはトンボ天国なのだが、その割にはトンボの写真は多くない。

きらりと青緑に光って、明らかにモノサシトンボではなかったイトトンボ。いったん見失う。同一個体かどうかわからないが、もう一度見つける。神経質に何度か止まる場所を変えたが、何枚か撮れた。オオアオイトトンボか。今年見たのはこちらも初めて。時間の順序としては、チョウトンボよりも先に見ている。

チョウトンボを見たところでは、コフキトンボのオビ型もいた。もちろん、ギンヤンマも。ギンヤンマを今年初めて見たのはいつだろう。実は今日なのかもしれない。ギンヤンマの飛翔写真ははなからあきらめている。ただ、双眼鏡はもって来るべきだったと後悔した。ひょっとして、アオヤンマもいたのではないかと疑っている。

夜、テレビを見ている子供たちを置き去りにした状態でK林に行く。今年初のクルマスズメ。残念ながらピントが合わず、1枚だけ撮って飛んでいってしまった。今年初のキマワリも見た。キマワリは、クワガタだと思って胸をときめかせた次の瞬間にがっくり来ることが多いが、今年初となるとちょっと印象が違う。

ナガゴマフカミキリはコナラの木をぐるぐる回っている。撮りづらいからもう少し止まってほしいところだ。カナブンはたくさんいた。

いつものコナラ以外もと少し歩いたが、地面にはシデムシのつぶれた死体。そのすぐ近くに生きているもの。さらに別のカップルも。これはオオヒラタシデムシでいいのかな。

すべての画像は混沌のアルバム2011年7月6日に。

3泊4日でクミゴン出張の初日。仕事は早退。で、ちょうど家のすぐ近くで塾に行く途中の電車男とすれ違う。いわく「月がきれいだよ」「ちょうどそれを家に帰ったら撮ろうと思っていた」

買ったばかりのズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macroでいろいろ設定を変えて撮ってみる。期せずして、地球照が写った。さすが、明るいレンズ。

夕飯は女優と二人で外食。予想通りなか卯になった。途中、神社を通ってホタルを見に行こうというから、そうした。ホタルは天然のものではなくて、あくまで飼育下のもの。毎年、神社の一角に飼育している人の好意で見られるように大きな水槽ごと設置されている。水槽は4つあった。写真とビデオを撮ったが、どれもいまいちであった。

画像はすべて混沌のアルバム2011年7月5日に。

元々もっと早く解放するつもりだったが、最初は子供たちにじっくり見せるために、そのうち、タイミングを逃したのと、私自身がもう少し大あごの曲線美を見ていたくなったこともあり、だいぶ遅くなった。きちんと栄養は取れているのか、死なないか気が気でなかったが(実際去年一度コクワガタを死なせている)、一方でそれが張り合いでもあった。まあ、脱走して和室を飛び回ったり、大あごで水槽を挟んでいたりして、すこぶる元気だったので、その心配はなさそうだが、だからこそ、早く野生に戻してあげなければとも焦った。

つかんだときは寝ていたのか、脚も少し縮こまっていて、すっかり弱ってしまい死期も近いのではないかと結局心配した。捕まえてきたとき同様、ウエストポーチの中に入れて、現地まで持ち運ぶ。(日付は変わっているが実質的には)日曜日の深夜だ、採集に来る人は普通いない。放すならこの日と数日前から決めていた

元々体調が悪く(声もまともに出ない)、それでも仕事を最低限やって帰ってきた後で疲れていたので、捕まえたところでノコギリクワガタを放すためだけにB公園に行った。人が周りにいないことを確認してから、放す。

捕まえたときはスズメバチがいたり、後ろから羽音が聞こえてきたり、逃げないうちに捕まえなきゃ等雑念が入り混じり、あまりいい写真が撮れなかったので、放すときはもう少しまともな写真を撮ろうと思ったのだが、ズンズン歩かれたこともあり、まともでもない写真になった。まあ、そこはあまり執着していないのでよしとする。それにしても、ウエストポーチから出そうとしたとき、上のほうにしっかりつかまっていて、元気だったのでホッとした。

放すだけとはいえ、ちょっとだけ他のコナラとクヌギも見て回る。すると、なんと、LEDの白い光がちらちら見える。採集者だ。日曜日の夜に出歩くとは…。人のこと言えないけど。せっかく放したのにまた捕まえられてはかなわない。しかし、それもまた運命か。話しかけて、あっちで放しましたよとうその情報を流そうか、捕まえそうになったら、先にもう一度こっちが捕まえてしまうか、私のように採集が目的ではなく観察だけかも、いやそんな人はめったにいない等々、いろいろなことが頭を駆け巡る。結局、ノコギリクワガタ自身に運命を託すことにして、家に帰った。

ちょっとだけ庭に寄ったら、サンショウのところにヤモリの幼生がいた。かわいい。

画像は、混沌のアルバム2011年7月4日を。全部で4枚だけだけど。

昨日、クミゴンが庭のアジサイとサンショウをばっさりとやっていた。それでもサンショウは背が高く、まだ葉も多い。伐採したとげつきのサンショウの枝は、いったん庭に放置されていた(一時的に置いてあった)。

お昼ごはんを4人で食べてから家に戻ると、ナミアゲハが来ていた。駐車スペースから庭に入るところに蒔きついているジャスミンにやけにご執着。あれ、あの動作は?産卵?

その後サンショウのほうに飛んでいった。ジャスミンの産卵したかもしれない辺りをざっと見たところ産卵はしなかったようだ。確かに葉の形はサンショウとジャスミンでちょっと似ている。

この現象をアゲハの立場にたって考えてみる。まず、サンショウ特有の匂い物質に誘われてうちの庭までやってくる。特に今回はサンショウの葉が庭にたくさん転がっているので、アゲハの嗅覚をもってすれば、さぞかし匂ったことだろう。現場近くまで来たら、今度は視覚でサンショウを探す。ジャスミンは確かに似ている。しかし、産卵するかどうか最終決断の際、やはり嗅覚でこれは違うとわかるのだろう。そして、改めて適切な産卵場所を探す。こんなところではないだろうか。

このあと、女優とK林へ。途中、ツバメの巣がいつもできているところに寄る。この前、巣立って、そして巣が壊れていたが、なんと別のカップルがリフォームしたらしい。雛と思われるツバメが見えた。女優が信号を渡ってきたときには、隠れてしまって、ほとんど見えなくなってしまったけど。証拠写真は撮った。

すべての画像は混沌のアルバム2011年7月3日に。

仕事から帰ってきて腹ごしらえし、さあ、楽しい深夜の出撃だあ♪この蒸し暑さ、この前はカブトムシのメスを計らずも見たし、そろそろカブトムシのオスを見てもおかしくないのではないかと。時は7月だし。

まずはB公園の春からのスズメバチスポット。もう最近はB公園へはここから入っていく。うじゃうじゃの蛾祭り。あとで『樹液に集まる昆虫ハンドブック』で調べたら、ノコメセガタヨトウ、シロスジアオヨトウ、フクラスズメ、コシロシタバの面々だった。軽く一回りしたが、後はめぼしいものはなかった。土曜日から日曜日にかけての深夜は、親子連れでの採集圧が最も高い日なので、蛾ばかりが残るというのもあるかもしれない。

次はK林へ。いたよぉ、カブトムシのオス。シーズン初のカブトムシのオスは、やはりりりしく見える。やっぱりかっこいいね。その造形美には惚れ惚れする。そのうちたくさん見るようになると、飽きちゃうんだけどね。さて、やっぱり蛾祭り。カキバトモエに、以前は珍しいとされていたというフシキキシタバ?(違っていたら教えてください)。どれも『樹液に集まる昆虫ハンドブック』に出ているのがうれしい。

帰る途中、東の空にやけに明るい星が出ていた。まだ3時ごろなのに、もう金星出ているの?それもあんなに太陽から離れて?と疑問を感じつつ勘違いしてしまったが、調べたら木星だった。しかし、それにしても明るい。試しに手持ちで撮れるかやってみたが、撮れちゃったよ。

前住んでいたアパートのすぐ近く、大家さんが以前は所有していたが今では道路予定地として買収され金網が張ってある目の前の道路にカメラを直置きして夜空を撮ってみた。ちょうど周りの街灯もなく、西側も道路予定地として家が建っていないので、意外と周りが暗く、そしてF2.0という絞り数値があいまって、たった5秒のシャッター速度で、これが都会の夜空か!というくらい感動的に星が写った。カメラが向いたのは、はくちょう座付近で、最もよく見えるとされる夏の天の川方面なので、星がたくさん写りやすいほうではある。

たくさんあることのたとえとして「星の数ほど」と言ったりするが、まさにそれである。たとえば、失恋した場合「星の数ほど女(男)なんているじゃないか」という古典的な慰めるセリフがあるが、これだけ星が見えれば納得できるたとえだ。これが都会での肉眼だと「星の数なんて、限られてるじゃないか。だからあの人しかいないんだ!」となってしまう。

家に帰ってから、パソコンで撮った画像を眺めていたら、私の右側にいるハムスターのほうから、すごい音が聞こえてきた。元々ハムスターがいろいろな音を立てるのだが、初めて聞く音だった。最初は先入観でハムスターだと思っていたのだが、気になって見に行ったら、脱走を企てるノコギリクワガタだった。それもバチン、バチンといっていたのは、大あごで水槽のふたのプラスチック部分をはさんでいる音だった。どうやってああいう体勢になったのだか。6本ある脚のうち、後ろのほうは、水槽の透明なつるつるの部分で滑っていた。先日の和室飛び回り事件といい、元気が良い。早く野生に返さねば。

さて、日付上は本日、気持ち上は昨日の全画像は混沌のアルバム2011年7月3日にて。

昨日の午前には届くはずだった神レンズとも言われているオリンパスのレンズ、ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro。昨日、家に帰っても不在票すら見当たらず。佐川急便に電話したが、やはり深夜ではつながらず。朝一でクレーム。なんと、昨日、うちに寄ってすらいなかったことが最終的に判明。「次からは気をつけますから」とその不良ドライバーは言うが、次はないだろ。ちなみに、私の荷物を出すときに、車から他の2つの荷物をアスファルトに落としていた。電話での声、そして、実際のその姿を見て、ああ、この人では仕方ないなと怒りも半減したが、ここには詳しく書かない。

さて、さっそく使ってみるが、スペックどおり、いわゆるレンズが明るくて室内でも余裕で撮れる。ピントがシビア。混沌のアルバム2011年7月2日に苦心の跡があるのでそちらをご覧あれ。

撮り始めてしばらくしてから、女優が和室の網戸に「蛾がいる~~♪」と発見してくれた。見たらチャドクガのオスだった。翅がちょっと曲がっているので羽化不全かなと思って、撮り終えてから、家の中からふうっと強い息を吹きかけたら、ちゃんと飛べた。バイバイ。願わくば、誰もその毒毛の被害に遭いませんように。鳥もね。

28日に捕まえたノコギリクワガタをフラッシュで室内で記念撮影した後、出勤。玄関開けて、鍵を閉めようとしたら、なんと、チャドクガ発見。そのまま行こうかとも思ったが、やっぱりこちらも記念撮影することに。先に帰ってくる子供に被害が及ぶのはちょっと気になったが、昼過ぎになれば、ドアが西日でちんちかちんに熱くなり、勝手に飛んでいくだろうと思ったのでほうっておくことにした。

画像は、混沌のアルバム2011年7月1日に。しかし、もう7月かよ!早い!映画の日を楽しみにしていたのに、今日だったじゃん!『プリンセス トヨトミ』を観てから、もう1ヶ月かよ!

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。