庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201010
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

残暑復活。なんと、うちの周りは今日は猛暑日であった。ちなみに、報道によると東京の真夏日は最多の71日とのこと。暑さ寒さも彼岸までというのがまったく当てはまらない。ネット上のどこかで、暑くてヒガンバナがまだ咲いていないというのを読んだが、実際、今日行ったB公園でも赤いところがチラッと見えているだけでまだヒガンバナは咲いていなかった。B公園では、残暑復活を祝うかのように、今年少ないと感じていたツクツクボウシがあちこちで鳴いていた。夕方に行ったこともあり、かすかにヒグラシも鳴いていた。アブラゼミはもちろんのことである。ただし、ミンミンゼミは聞かなかったか。

19時くらいには、北の空は雲の中で雷が光っていた。東には中秋の名月と木星、天頂には夏の大三角形、南の空は双眼鏡では何かが見えたが、よくわからなかった。いて座かな?見ているうちに、ベガのあたりにも雲がかかり始めたので切り上げた。

コクワガタにハラビロカマキリ、他 夜、大戸屋で食事をしてから、今度はK林へ。先日つかまえたコクワガタのオスを放しに行く。いつものコナラの木には、コクワガタのオスが2匹とハラビロカマキリのメスがいた。ハラビロカマキリが樹液の近くにいるのははじめて見たが、なるほど、ここなら蛾も飛んでくるだろうし、絶好のお食事ポイントだろう。もっとも、モンスズメバチが来ると自らの墓場にもなりうるが。モンスズメバチは、私の家の近くではB公園でしか見たことがないので、その心配もないのだと思うが。

時間が前後するが、正午前後は、ビルやらなにやらの有名な建物に囲まれた中の小さな公園でおにぎり2個を立ち食いした。そこで見たのは、アオスジアゲハ、ナミアゲハ、ウリハムシ、ジョロウグモ、アリ、オンブバッタのメス、そして、写真にも撮ったウスバキトンボ。14時過ぎ、地下鉄駅近くの街路樹では、クスノキの葉の虫食いを手がかりにちょっと探したら、アオスジアゲハの蛹の殻を見た。

スポンサーサイト

夕方、および夜に雨が降って、朝も涼しかったが、またもや気温低下。すっかり秋っぽくなった。家に帰ってくると、なんと室温24.5度。エアコンを入れて26.5度でこの場所は冷風がやんわりと直接当たり、27.5度まで設定温度を上げるなんてしていたのはついこの間のことだったはず。この夏から秋に変わる涼しさを楽しまなければ。

セミの鳴き声を数日聞いていないか。出勤時には、駅の階段でつぶれたカマキリを見た。

昼ごはん(といっても夕方)に出かけるとき、目の前の人工的な水溜りに雨がポツンポツンと落ちているように見えた。空を見上げると、今にも雨が降りそう。しかし、降っているわけではなさそう。なんだろうと思いながら、今の勤務地に来て初めて、カレーハウスCoCo壱番屋に行った。カレーが来るまで一人、テーブル席で仕事をしていると、なにやらコツコツ音がする。それは雨だった。それもけっこうな。夕立レベルの猛烈な雨である。

まあ、食べ終わるころにはやむだろう、少なくとも小降りになるだろうとたかを括っていたら、甘かった。その大雨の中、職場に戻ることになった。途中、緑色の終令だろうがまだ成長途中と思われるスズメガの幼虫を見たが、カメラも持っていたが、さすがに撮る気にはなれなかった。

夜にはすっかりやんで、アスファルトは乾いていた。信じられない。しかし、その後また猛烈に降り始めた。元の木阿弥、とでも言うのか、道はびしょぬれ。帰るころには小降りになり、家の最寄り駅に着いたときには、完全にやんでいた。帰り道の途中や庭でヒキガエルに会えるのを楽しみにしたが、これは不発だった。そうそう、空気はようやく秋っぽくなった。水曜日くらいに気温が下がるという天気予報を先週末あたりか聞いたが、ほぼその通りになっている。

やっと雨だよ。今年はぜんぜん夕立なかったし。だいぶ涼しくなった。現在、ここの温度は27.5度。

昼間のような空E-520で28mm(35mm換算)のレンズでシャッター速度1分、ISO感度400で撮ったら、まるで昼間。都会でもこんなに星が見えることに驚く。真ん中の明るい星が、こと座のベガ。七夕では織姫。

ノイズの多い空同じところをシャッター速度8秒で。他は条件同じ。ノイズが美しさを妨げる。

光のはしご 同じく8秒だが、右には天にかかった星のはしご?なんだかわかるかな?ISOは100にした。

北側の空屋上にアンパンマンの敷物を敷いて、寝転がって双眼鏡で空を眺めていると、こんなにも星が輝いていたのかと、ほんとに驚く。北の空もこんなにいろいろ見えたのかと、簡単に撮ってみた。8秒で。

空を見上げたときは、上空に強い風が吹いていたのか、星が非常によく見えた。撮影を始めようとしたら、南から低い雲が次から次へと流されてきた。もうちょっと待ってほしかった。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。