庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
200906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200908

昨日は、雨が降ったりやんだりの傘が手放せない不安定な天気だった。それでも、夜に女優とB公園に行くことを決断。23時ごろに着く。まず、この前捕まえたメスのノコギリクワガタを捕まえたのと同じコナラの木に放す。その前に恒例の(?)記念撮影。やはりクワガタ・カブトを捕まえにきていると思われる家族が、その写真に3人とも写りこんだ。

さて、ベンチ近くの、細いが樹液臭プンプンのクヌギにたどり着く。早速いたよ、カブトムシのオス。私の手が届くやや高めの位置。大きいと興奮する女優。私は喜びながらもあせらず、木の周りを見渡す。いたよ、いたいた、更にカブトムシのオス2匹。計3匹。みんな一心不乱に樹液を吸っている。その2匹は、自分でそのクヌギに傷をつけて樹液を出させているのではないかと思えるくらい小さな傷に頭を突っ込んでいた。

昨日はあらかじめカブトムシがいてクワガタがいなかったら、カブトムシを持ち帰るつもりだったので、3匹のうち、どれを持ち帰るか吟味する。女優に選んでといったら、私に選んでくれて返された。どれでもよいと思ったが、今一度よく見ると、真ん中の高さにいるものの顔の付近にはダニ(多分)が何匹も着いていた。そのため、それはパス。つかみ損ねの心配が少ない一番低い位置にいるカブトムシを選ぶことにした。

オスのカブトムシをつかむときは定番の胸の突起をつかんだら、角ではさんできた。そしてもちろん、カブトムシなので木にしがみつく足の力が強く、予想通りの抵抗にあった。角ではさまれるとは思っていなかったので、「いててて」といって、思わず手を放してしまった。そうしたら、一目散に、やつは木を斜めにのぼり始めて逃げる逃げる。娘とぎゃーぎゃー騒いでいたら、さらにすごい羽音とともに今度は女優の悲鳴。何かと思ったら、真ん中のカブトムシが今の騒ぎで飛び立ち、なんと女優のももに止まろうとしてぶつかり、さらにベンチの下の地面に不時着したのだった。

予期せぬすったもんだの挙句、無事カブトムシのオスを確保。いつもどおり、1匹捕まえると、女優はもう帰りたがる。自転車に乗る直前、さっき放したノコギリクワガタのメスを確認。はじめは木から落ちてしまうのではないかと思えるほど弱っている感じだったが、なんとか勘を取り戻したのか、まあまあいけていそうだったので少し安心した。

カブトムシのオスを持ち帰って一日たったが、やはりオスは動き回る。そしてそれはヒラタクワガタのオスの比でもない。力が強いこともあって、入れてある水槽からはいろいろな音がしてくる。何度も飛んだりもしている。クミゴンがその音を不気味がって嫌がるので、もう放しに行こうよと女優に声をかけるが、いやがる。しばらく話しているうちに、渋る訳に思い当たった。それは、今まで放すときには手でつかんで記念撮影してきたので、今回もそうしたいのだが、カブトムシはまだ怖くてつかめないので、つかめるようになるまでもう少し待ってほしいということだった。

そこで、練習をつむべく、ためしに私が見本を示すことにした。少し家の中を歩かせて、それを捕まえる訓練をしよう。水槽のふたを取ると、ちょうど、木からはなれて土の上にいたので、なんなく手にできた。ほらという感じで見せるのだが、まだ怖がる。私が痛がったところばかり強調して記憶に刻んでいる。痛がったといっても、口先で「いたい、痛い」といったくらいで実害はほとんどないのだが。

宙ぶらりんになったカブトムシは、しばらく足を宙でもがいたと思ったら、前翅を広げ、そして後翅を羽ばたいた。ブーーーーーン。翅を閉じて、もがいて、また開いて、ブーーーーーン。何度か繰り返した。面白いので、デジカメを持ってこさせて、動画を撮った。

ほら、こんな感じということで、いったん水槽に戻して、女優にやらせようとした。ダメ。全然、恐怖感が取れていない。むしろ羽ばたいたところを見て、逆に恐怖が募ったかも。この世で最も恐ろしいクミゴンの悲鳴もその一歩前まで来ていた。それがまた怖さをあおったかも。仕方ないので、一度戻した後、もう一度私がつかんだ。今度はカブトムシのほうが入れてある木に一部つかまっていたので、この際だからとカブトムシの力自慢も見せてあげるべく、そのまま引っ張りあげた。やはり木がついてきた。ほらあと見せるが、怖がるばかり。それではと、今度は木を持って、カブトムシからは手を放した。ほらあと見せていたら、カブトムシが木の端から端まで動き始めた。やがて私の手にふれた。

カブトムシのオレンジ色の舌が、私の指に押し付けられた。私の指は餌じゃないんだよと思い、指を軽く払おうとしたその動作が、カブトムシの逆鱗に触れた。いったん下がったのか、私に払いのけられたのかは記憶が定かではないが、次のタイミングで、私の指に突進して来た。頭を下げて。ヒトの世界では頭を下げると敵意のない印になるが、カブトムシの世界では正反対である。完全に先頭体制。宣戦布告。ガツガツ角でこられて、完全にたじろいだ。その後、どのような動きになったか覚えていない。

そして、やつは部屋の中を飛び回った。何度も和室の明かりを旋回、衝突。ようやく蛍光灯の紐に窮屈そうにしがみついた。0時近くであり、悲鳴のでかかったクミゴンがまず近所迷惑を避け、2階に離脱。子供たちは部屋から出ようとするが、好奇心もあり、和室に半身残す形で様子見。カブトムシのほうは落ち着いているので、この後は、騒ぐなというクミゴンと大声を出している私や子供たちとの争いになった。女優が捕まえるのを助けるように棒を持ってきたりするのだが、これがまた余計なお世話(笑)。そんなのいらないという私がまた大声に(笑)。クミゴンが怖かった。別に、私が乗る台を持ってくれば簡単につかめるのに。実際にそうして解決したが、家族はバラバラになった(笑)。クミゴン怖いよ。もっと怖いのは、夏の夜に騒いでいると、へたくそな字の怪文書を送りつけてくる隣人だが。ちなみに、クミゴンはそれを恐れているのだ、念のため。

まくというよりばら撒いただけ。雨も降ったし、気温もまた少し上がってきた感じなので、発芽はすぐではないかと。インゲンの種をまいたのは、マメ科なので肥料がなくても大丈夫なことと、インゲンを食べるためというよりいろいろな虫が来るのではないかと思ったため。どうも今年は庭に来る昆虫が少ないような気がするので。

今朝気づいたのかいまひとつ記憶が定かではないが、一番大きな頭花を作っているヒマワリの首の辺りの茎が折れた。管状花もほとんどが開いた矢先だった。ある意味、ちょっと予想通り。

朝は雨。行きの電車は上着を着ても寒かった。梅雨に逆戻り。新聞の天気欄には、「梅雨前線」なる言葉も出ていた。梅雨明けしてからも梅雨前線というのか。普通に手痛い前線ではなく、停滞前線というところではないのか。

朝ごはんを食べているときは、日食は絶望だな、と思った。電車の中のお天気ニュースでは、昼からうっすら日が差して、日食が見られるかもしれないと出ていた。ふーん。私はどうせ窓のない部屋にいるし、その時間。ずうっと曇っているようだったので、午後になっても、ちょっぴり損しなかった気分。ところが、日食見えたという複数の小学生の声を聞いた。うっすらある雲が、ちょうどよいフィルターになったのか。 してやられた気分。

FC2 トラックバックテーマ:「皆既日食、観察できましたか?」

正確なところはどうか分からないが、梅雨明け以来の雨。少なくとも、パラパラではなく、雨らしい雨は梅雨明け以来だろう。雨が降る前から、半袖ではちょっぴり肌寒いくらいだった。朝起きたときに、ぼんやり、そういえば雨が降っていないよなあと思っていたところだった。とここまで書いて気づいたが、夜から明け方にかけて雨が降ったこともあったな、そういえば。ならば訂正、梅雨明け以来、私が傘を使ったのは初めて。これは間違いない。

出勤時には、いつものイチジクのところで久しぶりにキボシカミキリを見た。たいして探さずに見つけられたのは、ほんとに久しぶり。今年はじめてかも。今日は珍しくデジカメをかばんに入れ忘れたので、画像記録はなし。

梅雨に逆戻りしたような天気。明日の日食は、曇り空で見られなさそう。

図書館から帰ったあと、キノコの図鑑をちょっと眺めて、撮った画像を確認して、すぐB公園へ。時間もあまりないので(仕事の準備もしたいので)さらっと回るつもり。それでも最大2時間はあることに気づく。

池から出た木の枝におっきいトンボが止まっていると思ったら、やはりウチワヤンマ。撮った画像には、いっしょにシオカラトンボのオスも写っていた。ちょっと歩くと、垂直に立っている葉にアメンボがつかまっていた。水上にいないアメンボは思わず撮りたくなってしまうので撮った。そのすぐ近くでイトトンボ。追いかけているうちに、さらに水面に不自然に直立するイトトンボ発見。きっとメスもいっしょだなと思ったら、予想通り。産卵中だった。直立しているほうはオス。メスの首根っこを腹の先端で捕まえていた。しばらくしたら(私が刺激を与えたため?)、オスは離れた。ばっちり写真を撮った後、どうしても見てみたくて、メスのしがみついている葉(というか茎)を水中から持ち出してみた。メスはやはり飛んでしまった。と、その瞬間、近くを飛んでいたコシアキトンボがアタック。メスは水面に不時着。いたたまれない気持ちになったが、しばらくしてそのメスは飛び上がった。近くに止まったところも激写。結局どこに噛みつかれでもしたのかは分からなかった。お腹が途中からカクンと曲がっているが、これはおそらく産卵のためだろう。誰かくわしい人に後で聞くためにも、撮っておいた。

秘密基地前の枯れ木が最近のお楽しみの一つ。キノコは複数種類生えているわ、いろいろなハチが産卵していくわで、興味が尽きない。今日はカミキリムシがいた。調べたところ、カタジロゴマフカミキリ(片白胡麻斑髪切)のようだった。産卵しているように見えたので、不用意に近づいたのだが、あっさり逃げられてしまった。まともに撮れたのは一枚だけ。

秘密基地のところでは、トウカエデの葉のところに、前にも見たモノサシトンボの未成熟個体。はかない感じがして、ハッとする。そしてこれで気づいた。ハッとして、グーならぬ、ハッとして、ハットである。先ほどの産卵シーンはモノサシトンボのものであったと。

その他には、秘密基地近くの鳥見ポイントでは、ここは昆虫観察ポイントでもあるのだが、ベッコウハゴロモの終令幼虫がぎっしりついている茎を見た。またそのすぐ近くバラの仲間(たぶんサルトリイバラ)の葉の上で、赤いちょっと大きめの葉虫。本当に葉虫?と見たときは思った。おそらくアカクビナガハムシ。

カワセミポイント近くでは、木道の手すりの杭との隙間にアリと幼虫がぎっしり。しかも、幼虫を大移動させているようだった。移動はまだわかるが、なんでこんなところにたくさん幼虫がいるのかが謎。移動中の中継地点ではあるまいし。

この前クモタケと思われる冬虫夏草を見たベンチの下には、またクモタケが生えていた。新たに生えたのか前と同一かは分からない。そのまま坂を上っていくと、もうあちこち低木が切られており、これまた裸同然。これじゃあ虫が来ないよぉ!と心の中で叫んでいたら、切られたツツジ(?)の枝先に未成熟の赤とんぼが止まっていた。葉がないから逆に見やすいかも。コノシメトンボだと思う。

今画像を見ていて気づいたが、アリの後、クモタケの前に、ハスの葉の上で見たイトトンボ、どうもクロイトトンボらしい。またアオモンイトトンボかと思って、あまり期待しなかったのだが、見たときのなんとなくの違和感とともにmatszさんのトンボ見分け図鑑のページを読むと、そうなる。少し粉を吹いているように見えるので、私が見たのは、成熟したクロイトトンボのオスか。クロイトトンボはここでは普通に見られるはずなのだが、私が見たのは初めて。(つづく?)

今日は夕方だけ仕事。午前中は図書館で予約してあるキノコの図鑑を2冊受け取るべく女優と出かける。図書館の前後でK林とF公園に寄る。

K林に入るとすぐに、シデムシがつぶれているのがいくつも見つかる。シデムシとは死出虫で、死体に集まることから、まるで死体から出てくるようなのでこの名前がある。しかし、自分が死体になってしまっては・・・。死体をいくつか眺めていたら、カブトムシの死体も見つかった。ほとんど原形をとどめていないが、太い足は紛れもなくカブトムシ。さらにその近くで、角の残骸も見つかった。これもほとんど原形をとどめておらず、そうと思ってみなければなんだか分からないような代物だった。

女優にカブトムシの体の一部を見せようと呼んだその直後、シデムシの死体に交尾しているシデムシのオスが目に入った。目を疑った。当然撮影するべくデジカメの電源を入れる。とちょうどそのとき、ぐるっと林の中を小さく回ってきた女優の自転車が近くに止まった。しかも止め損ねた。なにやってんだよと振り返り、また前を向いたときには、今度は、ヤブガラシの花に来ているコンボウヤセバチが目に入った。

うちの庭でも、産卵に来たらしいのを2,3回目撃しているが、あの細いボディにいつもピントが合わずに涙を飲んでいた。今度こそシャッターチャンス!意外と近づくことができ、一応、及第点といえるレベルのものは撮れた。しかし、シデムシの交尾を撮ろうとしたら、横になっているメスと思われる死体だけになっていた。こちらのほうが惜しいことをしたかもしれない。

さて、ここ最近では一番樹液を出している木をチェック。カナブン2匹に、スズメバチ、あとは小物。。と、ゴマダラチョウが飛んできた。アカボシゴマダラではないことを確認し、撮ろうとしたら、逃げられてしまった。仕方なしに、樹液に顔を突っ込んで、警戒心のまるでないスズメバチを撮ることにする。すると小学校5年生くらい(女優の予想による)の男の子たちがやってきた。そして、話しかけてきた。いや、これは記憶違いか。話しかけたのは私だったか。
「スズメバチがいるよ」
「うわ(一同)」
「気をつけてね」
「怖くないんですか」
「怖いよぉ(笑)」
「虫好きなんですか?」
「うーん、そうだね」
「なんでですか?」
「・・・なぜだろうねえ」
答えづらいわい、その質問。その中の男の子の一人が、なんとクワガタを水槽に入れていた。見せてもらったら、ノコギリクワガタだった。いいなあ?。
「どこで捕まえたの?」(けっこう立派だったこともあり、デパートかどこかで買ったのではないかとちょっと疑っていた)
「F公園」
「ああ、あっちのほうが採れるだろうね」
この前ヒラタクワガタを採ったI公園と勘違いしてしまったことにあとで気づいた。ということはびっくりである。F公園で採れるのかよ?どちらかというと草原環境だよ、あそこは。確かに周りは木だけど。ウグイスがさえずっているところをはじめて見たところではあるけど。樹液が出る木なんてあるの?だから、図書館の帰りに寄ることに内心決定。彼らは2匹いたカナブンを捕まえていった。

図書館に寄った後、もう一度K林へ。ムクドリの親子をしばらく眺める。はじめは親子と気づかなかったが、色が薄いほうが子供だと分かった。さらによく見ていると、親が何かを見つけてくちばしに咥えると、鳴きながらそれまでよりも早足で親に近づいていき、口移ししてもらっていた。そういうところを何度か見た。

女優が痺れを切らしてきたので、仕方なしに移動する。あちこちの木がかなり剪定されていて、特に北西のほうの木は、もう丸裸という感じである。下草もこの前来たときには完全に大掃除されており、これじゃあ、虫が何も来ないよ(は言い過ぎだが)。

最後に、さっきの木をチェック。カナブンの交尾の写真を撮っていたら、向こうからもっと小さい娘を連れた若いお母さんがやってくる。何匹も集まっているカナブンを見て、
「夜に来ればカブトムシが採れそう。何の木かしら」
私は木を見上げて、葉を確認して心の中で答えた。コナラの木です。この木がコナラだと認識したのは、私も初めてだった。クヌギかコナラかは、それまであまり意識していなかった。この前訪れたクワガタの採り方について書かれたサイトの文章を読むまでは。

次は、いよいよF公園へ。着くなり、
「さっきのおじさんだあ」
ギクッ。
「そうだよ、さっきのおじさんだよ」
自分なりに周りの木をチェック。確かに、細いクヌギの木はある。しかし、これでは・・・。降参。聞いてみた。どの木でさっきのクワガタを採ったか。指し示す方角を見ると、子供たちの声がする。木登りしていた。こんなところにもチェックすべき木があったとは。坂になっていて、そちらは沈んでいるので、手前に生えている植木に邪魔されて、そこは死角になっていた。しかもその木は策の向こう側から生えており、公園ではなく、隣の私有地のものだった。大人の俺には手が出せねぇ。ただ、幹がこちら側に生えてきているのだった。
「さっきのおじさんだ」
またかよ(笑)。
「スズメバチ捕まえたよ」
「え?」
K林でスズメバチ捕まえてごらんと冗談を言ったのだが、本当にやりおった。あれでもしも怪我でもしたら、俺のせい?あの子達も冗談と認識していたと思ったのだが。これだから子供は怖い。公園から出る近くで、水槽に入っているスズメバチを確かに見た。薄汚れた透明なケースの中でもがいて滑っていて、なんか弱っちい感じ。(つづく)

昨日、初めて職場にスーツの上着を置いてきた。朝から暑くて大正解。おまけに朝に乗ろうとした電車が人身事故で間引かれ、次の電車が混雑。昨日の帰りの電車も、(酔っ払いが?)駅のホームから落ちて(降りて?)電車が遅れた。半そでワイシャツで大正解。しかし、いつも通勤で通るイチジクの木でキボシカミキリを探すも見つからない。

朝の強風で目が覚めた。何かものがシャッターに当たっていた。てっきり大雨かと思った。出勤時には、ヒマワリの大きな葉が何枚ももげているのが目についた。

仕事は午前中で終わり。仕事帰りにJ川沿いを歩いて、D公園まで行った。細いJ川の両側は、場所によりいかにも昔の面影を残している2次的な自然。クヌギやコナラを探すとけっこう生えている。ちょっと里山チック。キノコがいろいろ見つかったほかに、葉の裏にカナブンがいた。飛んでいるカナブンもいたので近くの木を見ると、樹液酒場になっていた。カナブンが集まっている。1匹だけカナブンっぽくない虫がいて、あれ、もしかしてクワガタ?と思ったら、やはりコクワガタだった。

光の量が足りない上に、動き回っているので、写真は撮りづらかった。そのコクワガタは怒って大あごをがばっと開いている。場所取りでカナブンに負けたからかもしれない。自然の状態で撮影してから、手に取ってみた。明るいところに持って行き撮影。再びもとの木に戻した。家の近くならば、子供たちのために持ち帰るのもありだったが、その後まだ散策を愉しみたいので、一瞬考えただけでやめた。コクワガタの撮影の間に、両手と膝下の両足を大量に蚊に刺された。今日から薄手のサマースーツにしたのがあだになった。

2時間以上、ゆっくり、たっぷり歩いた。家に帰ると、暑い。30度あった。湿度も70%程度。これを書き始めたところで、女優が帰ってきた。コクワガタの話をすると、意外にも乗ってきた。学校でクワガタを捕まえた男の子がいて、話題になっているらしい。もともと今日は蒸し暑ければ、夜にI公園に電車男と再びカブトムシを探しに行くつもりだった。ところがやつは今日は塾だった。そこで、女優に行ってみたいか聞いてみたら、微妙な返事だった。

しかし、夜になると、なんだかその気になっていた。今日はとにかく20時から22時の間で行きたかった。女優が行かれなくても一人で行くつもりだった。女優が行くにはいくつかの障害をクリアしなければいけなかった。一つ、早くご飯を食べること。中辛のカレーに苦戦しつつもクリアー。一つ、学校の宿題。無理だよぉといいながらも、クワガタにつられて、なんとかクリアー。後半はめずらしく集中力を発揮していた。やればできるじゃん。やっぱり持っていきかたしだいなんだなあ。あとはふろ掃除。これは余裕だった。もうやるべきことを順次やっていたので、エネルギーが高まっていた。

最後は私のほうがせかされて、いざ出発。肌の露出を極力少なくできるように着替えたり、上着を持たせたりして準備は万端。移動途中で時計を見たら、ちょうど21時。さて、10分以上自転車をこいで現地に着く。濃すぎるくらいの樹液の匂いが漂うポイントを懐中電灯で照らすも、いるのはカナブンとオオシマカラスヨトウ(かナンカイカラスヨトウ)ばかり。いないから帰ろうと言うと、あまりのあっけなさに嫌がる女優。そりゃあ、あれだけの障害をクリアしたのだからもっとも。仕方なしに、いないよと釘を刺しつつ、他の木も見て回る。

カナブン2匹が樹液を吸っているコナラの木に、いたよ、クワガタが。あっさりと。女優の粘り勝ち。こちらの気配を察し、身を隠そうとするが、あいにく隠れられない場所にいてくれた。とりあえず写真撮影してから、手づかみ。女優は大満足。私はもう少し回ろうとしたが、女優は1匹取れたからもういいと。後ろ髪を引かれつつも帰ることに。捕まえたときにコクワガタだと思い込み、しばらくそう思っていたのだが、家でよく見たらヒラタクワガタだった。そういえば、ヒラタクワガタを捕まえたのは初めて。クワガタを家に持ち帰ったのも中学生以来か。あ、うそ、それは違う。結婚して間もなくのとき、確か、アパートの玄関前の天井にコクワガタがついていたことがあり、それを持ち帰ったことはある。数日飼ったと記憶している。ところで持ち帰ったヒラタクワガタ、よく見るとボンネットがへこんだようなところがいくつかある。ずいぶん戦ったんだね。

0時過ぎに帰ってきて、暑いと思ったら、部屋の温度計は28度。今も。でも、湿度が低いからまだ大丈夫なんだなと思って湿度計見たら、約70%。でも、窓を開けるとさわやかな風が入ってくる。閉め切っている我が家が悪いのか。

構想は前からあったが、とりあえず。
都会に生きるキノコ
http://konton57.dtiblog.com/

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析