庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
200901<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200903

昨日の雪は、15時には庭の一部にちょっとだけ積もっていたが、昼寝から目覚めた17時には、すべて溶けていた。しかも、雨になっていた。

さて、今日、ついに太陽が出るかという天気になった。待ってたこの日。午後から仕事だが、私としてはちょっと早起きして、B公園へ♪お腹をすかせた鳥たちが、きっと警戒心も薄く、撮りやすいはず♪その前に女優を学童へ送っていったが、神社のところにあるウメにメジロが来ていた。2羽。こちらにはまったく気づいていないようだった。

B公園へ着くと、いつものように池を反時計回りに回り始めた西側の斜面で、小さい鳴き声の小鳥。一応録音したが、ノイズのほうが大きくて、再生してもまともに聞き取れない。だから消してしまった。エナガではない。シジュウカラでもない。やっぱりコガラ?

秘密基地の北側で、ウグイスのジェ、ジェ、ジェという地鳴きを聞く。姿も一瞬見えた。その後、録音に成功。ハシブトガラスもエキストラとして登場。録音を再生すると、ジュ、ジュ、ジュと聞こえる。

池を半周して、橋を渡ろうとしたその近くで、エナガの鳴き声を聞く。ようやくエナガの鳴き声は識別できるようになった。一瞬、コゲラと聞き間違える、にごったジュルルルルという音。音源に近づくと、立派な一眼レフを持った人がすでに構えていた。とりあえず私は音を録る。録音成功。やっぱりハシブトガラス入り。カメラも構える。いい構図で、ピントも合って、きたーーと思ってシャッター切ったら、一瞬遅く、空振りに終わった。写ったのは植物だけ。その後追っかけるが、ピンボケが一枚だけ。エナガの写真は難しい。

橋を渡る。お立ち台にはカワセミ。人工的なお立ち台にいるカワセミには、あまり興味がわかない。スルーする。先日撮ったカワセミと反対側に、一人、三脚をセットしている人がいた。B公園に隣接する別の公園に行った後、もう一度通ったときには、その先に別のカワセミがいた。今度は撮った。一枚目の写真には背景に人が入った。わざとそのタイミングで撮った。こういう構図が好き。

お立ち台を再びスルーする。その先で、なにやら写真を撮っている人がいる。場所からしてゴイサギかなと思ったが、めずらしく、たまたまではあるが、すぐに分かった。カワセミだった。3羽目。証拠として撮っておいた。しかし、ピンボケ。

この前トホシテントウの幼虫を見た木を見に行く。根元にあったキノコがまた新たに生えてきていないかチェックしたかった。キノコは前と変わらなかったが、その点検樹木には、この前なかった「危険樹木撤去のお知らせ」がビニール紐でくくりつけられていた。ああ、やっぱりという感じである。改めて木を見上げると、枯れ枝に別のキノコを見つけた。確かにお知らせにあるとおり、「回復の見込みはな」いだろう。しかし、できれば、どのようなキノコが生えていくのか見てみたかった。「このまま放置すると落枝や倒木の危険があると判断」されるのはやむをえない。公園だから。これが自然状態だったら、木が倒れることによって、そこだけ新たな生物群が入り込んでくるところだ。

カワセミのところに戻る。3羽すべて別個体という証拠を残しておくため、お立ち台のも撮る。3回くらいダイブして、魚を取っていた。よく鳴いてもいたので、金属音の鳴き声も録っておいた。やっぱりよく入っているハシブトガラス。魚を取った直後にも鳴いていたので、シャッターを切る音もいっぱい入った。これはこれで面白いと思う。これまた私好み。これは録音に入っていないが、カワセミの向こうでは、ウグイスの地鳴き。カメラを持っていないおばちゃんたちが、しきりにカワセミのコバルトブルーの背中を見て「きれいねえ」と言っていたが、もちろん、ウグイスには気づいていない。私はウグイスが低木から低木に飛んでいくのも見ていた。これに気づいているのは、私だけかと優越感と寂しさを感じたが、よく見ると、向こう岸では2人カメラをその低木に向けていた。ウグイスを見ているのは私だけではなかった。がっかりした感じとうれしさを同時に感じた。

もう一度、B公園の隣の公園へ。途中、表皮がはげ、虫の食った痕が残っている木を発見。こちらも状況からして切り倒される運命か。さて、公園へ着くと、またこれといった鳥はいない。今日は、不発。しかし、シジュウカラのさえずりだけは録った。隣の敷地の工事の音入りでこれまた私好みのシチュエーションになった。

折り返し、さあ帰るかというところで、マガモのカップルを録り、カワウとコサギの白黒コンビを撮り、としていたら、「ほぉー、ほぉー」と聞きなれない鳴き声。そういえばさっき、カラスがすさまじく鳴いていたことを思い出し、もしかして、オオタカ?と想像を膨らませた。ちょっとだけ戻って探してみることにした。

アオゲラ アオゲラ2 すると、出た!何人かの追っかけカメラマン。群集には付いていけの経験則発動。みんなのカメラの先を追う。いた!キツツキだ!大きい(コゲラに比べて)!やった!アカゲラかアオゲラかのどっちかだ(た ぶん)。なんと、私がいたところは、たまたまベストポジションだった(追っかけのうちの一人がすぐ私の近くにきた)。没を覚悟で何枚も撮った。家に帰ってから調べたら、アカゲラではなく、アオゲラだった。このB公園では、年間通じて、何度か見られるらしい。そのアオゲラは2回ポジションを替えた。最後には動画も撮ったが、キツツキらしい動きは動画ではいまいちだった。しかし、はじめて見たアオゲラ!感激♪

ところで、あの「ほぉー、ほぉー」という鳴き声の正体は何であったのだろう。フクロウの仲間?

何度か目が開いていたが、たった今起きた。まだパジャマを着ている。ぽつぽつと雨の音が聞こえているので、せっかくの平日フル休みなのに残念に思っていたら、外を見ると雪ではないか!庭に積もるかどうかという微妙なところ。朝おきて最初に庭を見たときよりも、まさに今のほうが、ほんの少しだけ土に雪が残っている。このあとの庭の変化がちょっと楽しみである。

なんだか毎日雨続き。昨日は午前だけ雨だったが、今日の夜にまた雨が降るらしい。おとといも、夜は雨だった。せっかくの明日の休みも雨らしい。雨上がりの晴れの日の観察が楽しみだが、うまくタイミングが合うかどうか。しかし、雨上がりはスギ花粉もすごいことになるだろう・・・。

越冬中のトホシテントウの幼虫この前の日曜日のB公園、続き。点検樹木の名札のかけられたサクラか何かの木。木の表皮にはコケがいっぱい生え、さらにキノコも生えている。あとで気づいたが、木の根元にもキノコが生えたあとがあり、それらは黒く乾燥して、残骸のようになっていた。この点検樹木は、体内がかなり菌類に侵されているのだろう。ふと見ると、木に生えているキノコのところに幼虫。見覚えのあるこの形。トホシテントウの幼虫。カラスウリの葉などが食草だが、冬にはカラスウリは枯れる。この近くにカラスウリが生えていた記憶ははっきりとはないが、生えていてもまったくおかしくない。たぶん、生えていたのだろう。つんつんしてみたが、ほとんど動かなかった。

越冬中のヒメツノカメムシヒメツノカメムシ 裏側この前の日曜日のB公園にて。ゴマダラチョウの幼虫いないかなあと、エノキの根元の枯葉をほじほじしていたら、発見。葉にしがみついているのか、たまたま葉にくっついているのか、脚が一部不自然に曲がっていたので、死んでいるかと思った。が、つんつんしたら、しばらくして足が動いた。これにて生存確認。死んでいるのではなく、えっと宇宙だった。もとい、越冬中だった。ヒメツノカメムシらいい。


日曜日に行ったB公園。午前から2時近くまでは一人で、お昼ご飯を挟んで3時近くから4時近くまでは女優と行った。

午後、公園に着くなり、女優はトイレ。お店で行っとけ!と言ったら、さっきはしたくなかったんだよぉって、まあ、仕方ないか。

紙ないかもよ、どうするの?と脅したが、車椅子用のトイレに紙があるのを発見、そちらのほうが清潔そうだし、そちらを薦める。

トイレから出てくるなり、第一声は、蛾がいたよ。おお、私の子供として育っている!?

フユシャクのオスとりあえず撮っておいた。もっと撮りたかったが、後ろが閊えていた(つかえていた)。クロテンフユシャクのオスらしい(フユシャクのメスは翅がない)。ウスバフユシャクも似ているので、私にはよく分からないが。

B公園へ行く前に、いつものようにモズチェック♪今日もまたモズはいなかった。ここでモズを見たのは2回だけ。しかし、ギーとコゲラの鳴き声がする。鳴いているコゲラは電線の上にいたが、手前の木をつついているコゲラもいた。写真を撮るならこっちだ。しかも、今まで出一番条件がいい。

コゲラを撮っていていつも思うのは、木をつついているのをうまく表現する写真がど素人には難しいということだ。撮りながら、ああ、今日も偶然に頼るしかないのかと。しかし、途中で気づいた。動画で撮ればよいということを。で、撮ってみた。満足のいく映像になった。しかし、以下のようにYouTubeではかなりきつい。早送りのようになってしまった。

そこで、元のファイルも以下のページにそのままアップしておく。暫定的なページなので、URLは変えてしまうかもしれない。もしもリンク切れになっていたら、そのときはコメントのほうで教えてください。
邪魔な広告も入るので(まあ無料だから仕方ない)、ページのつくり自体も現段階では変だが、気にしない、気にしない。そのページにも書いたように、ファイルは重いのでダウンロードには時間がかかるので注意。
http://www41.tok2.com/home/konton57/mv2009/mv2009.html
精神的にも、久しぶりにのんびりな日曜日。はじめは出勤日にしておいたのだが、代わってもらってよかった。後は今宵、クミゴンのご機嫌さえとれば・・・。

B公園へ出かける前に、前々から気になっていた、庭のサンショウの剪定をついに行う。105円で買ったサンショウも、去年は伸び放題伸びてすごいことになった。もともとはアゲハの幼虫にきてほしくて買ったサンショウだが、去年は葉が生い茂りすぎ、アゲハの産卵もあったようなのだが、ほとんど観察できなかった。最後、カラスアゲハの幼虫もついて、これは楽しみにしていたのだが、もうすぐさなぎというところで、おそらく鳥に食われた。

本当はちゃんと調べて、どの時期にどのように刈り込んでいくのか適切なやり方を施すべきなのだが、結局は適当に切ってしまった。伸びていて、隣の敷地の空間に入ってしまっているものやそれを切るためにまず手前のものをなどとやっていたら、かなり丸坊主に近い感じに。まだ切れるところもあるが、枯れてしまわないだろうかとだんだん心配になってきた。しかし、一方で、枯れたなら枯れただ、今度はキノコがつくだろうからそれを観察しようなどと、サンショウにはかわいそうなことも考えてしまった。

どのようにこの後枝が伸びていくのか、楽しみではある。刈り込む前の写真も撮っておくべきだったと途中で気づいた。だから、刈り込み直後はとっておいた。

はさみで切っていて気づいたのは、半分枯れかかっていて、切りやすいところもあるし、当然、生木でなかなか切れないところがあるということだった。全部切るのは大変だろうと思っていたが、パキッと折れるように切れてしまうところがあるのは、ちょっとした驚きではあった。



午前中、図書館からB公園へ。晴れていて、日差しは暖かいが、空気が冷たい。帰ってくるころには、すっかり手が冷えた。シャワーを浴びたとき、手だけがひどく熱く感じた。

寒いせいか、なんだか鳥が少なめ。

弁財天のところで、聞きなれない小鳥の声がしたので探すとシジュウカラっぽい。まあ、鳥はいろいろな鳴き方をするからとスルーしようとした。ICレコーダーも持っていくの忘れたし。

しかし、見やすい位置に来ると、あれ?エナガ?すかさず撮ろうとするが、いつものように動きが速く、撮りづらい。3回シャッターを押したが、1枚は完全にピンボケで消去。もう1枚は押した瞬間に飛んでしまい、やっぱりブレブレ。1番まともな1枚が、お尻からで、何の鳥だか分からない。見る人が見ればわかるかもしれないが、私には無理(笑)。

しかし、このエナガ、柄=尾羽がさほど長くなかったような気がした。まあ、見えた角度の問題かもしれないが。『校庭の野鳥』(全国農村教育協会)のエナガのページを開くと、ちょうどその下にコガラが出ていて、はじめシジュウカラと間違えたことからしてもこっちのほうが似ている感じがした。ただ、このB公園でコガラが見られるものなのかどうかが問題だが。

B公園の隣の公園へ。この前は入ってすぐジョウビタキのメスがいたが、今日はいなかった。シジュウカラがいっぱいいる。シジュウカラは、動きといい、模様といい、鳴き声といい、大好きなのだが、これだけいるとありがたみが薄く、まるでスズメ並み。それでも、なにしてるんだろう?という動きも多く、見ていて飽きない。堅い木の実か何かを枝にコンコンやっているものもいた。その音を聞いたとき、てっきりコゲラかと思った。

アカハラのメスアカハラのメス2 何人か鳥を撮っている人たちがいて、邪魔をしないように、迂回。この前来たときは、コーラスをしている人たちがいたところの近くに行ってみる。すると、なにやら聞きなれない鳴き声のちょっと大きめ(ハトぐらい?)の鳥が飛んできた。ツグミ?いや、ちがう。とりあえず、撮っておく。何度か場所を移られたので、そのたびに刺激しないようにゆっくり歩いて追いかける。動くは、日陰が入るわでなかなか撮りづらいが、何枚かはなんとか撮れた。たぶん、アカハラのメス。おなかは、カワセミほどではないが、オレンジ!という色だった。アカハラは、たぶん、はじめて見た。シロハラは以前K林で見ているが。「アカハラ」で庭の観察内を検索すると、アカハラゴマダラヒトリが出てきてしまう。こちらは蛾である。

積もるどころか雪降らず。まあ、昨日の27時ごろもまだ雨の音がしていたから、もう雪は降らないだろうと思ったけど。

午前中は気温が上がらず、家の中は寒かった。久しぶりに自分でストーブをつけた。

明日は晴れらしい。午前中、B公園へ行くかあ。
雨は夜更け過ぎに、雪へと変わるだろう♪
って、ほんとか?帰り、駅の改札にそのような内容で立て看板に張り紙がしてあった。

ところで、この山下達郎のクリスマスソングだが、その昔、新婚当初だったと思うが、『ボキャブラ天国』で

兄は夜更け過ぎに、雪江と変わるだろう♪

と夜になるとオカマバーのホスト(?)になる替え歌があり、爆笑した。

夜の雨がいつの間にか翌朝の雪景色を作っているとき、この歌を思い出し、そして、このボキャブラを思い出してしまう。
小6の電車男が、私の息子なのに理科が嫌いだと言う。理由を聞いたら、理科の先生が授業中すぐ切れるからだと。

ちょうど今日、学校公開日で3、4時間目が理科の授業なので、見に行った。内容は電磁石。理科室で実験だが、結論は分かっており、何も面白くない。電流が流れる向きが変わると、電磁石のN極とS極の向きが変わるかどうかなどを調べるといったものだった。しかし、必要な内容なので、授業内容そのものは間違っていない。

問題は、そのやや年配の男性の生徒管理にあった。基本的に、ほとんどの生徒が先生の話を聞いていない。もちろん、うちの息子も含めて、話を聞いていないほうが悪い。しかし、なんの演出もないあの話し方で、自分のほうに注意を向けようとする努力もほとんど見せず、けっして大きいとは言えない声で、一人で先に進めてしまっては、そりゃあ、学級崩壊に向かうでしょう。

私が理科室にいたのは20分くらいだったが、電車男によると、その後、先生は切れたらしい。学校公開日なのに!ほかに見学者は、うちの隣の家の同級生のおじいさんだけだったからかもしれない。

でもそのおじいさん、前からクミゴンと元学校の先生じゃないの?とうわさしていたが、今日、その正体を知るにいたった。かつて文部省に勤めていて、生物・地学の何かの担当だったということだった。なるほど!というところだ。

電車男によると、文部省OBが帰った後も、切れたということだ。切れるのも必然だが、切れるような授業運営をしているのは、理科の先生の責任だ。あれで理科嫌いを量産されてはたまらない。生徒も先生も不幸だ。そして、理科嫌いの量産は、国家的な損失だ。きちんと子供たちに話を聞かせる態勢を作れるよう、先生を研修しなければダメだろう。
最近、キノコに興味を持っている。前々から、キノコを見たら、とりあえず写真も撮っているが、いくつものキノコの図鑑類を見てみると、私の撮り方じゃダメだなという写真も多い。それに、キノコの同定は、当初思ったよりもずっと難しそうだ。なんだかまたとんでもないものに興味を持ってしまった気がする。
昼間まで暖かかったが、夕方からなにやら風が強くなり、冷たい空気を運んできたようだ。コートを着ないで出勤してきた職員もいたが、気合を入れて帰っていった。

昨日の夜は、電車男の誕生日のお祝いということで、焼肉を食べに行ったのだが、今年初のヒキガエルを数件先の家の前の道で見たばかりだった。今日はまたこの寒さで穴にでもこもるのだろうか。
A川、図書館、B公園、A川の予定で出かける。ためしに女優に声をかけたら、珍しく着いてきた。家で一人テレビを見ているのは嫌だったのだろう。

「鳥が何種類見られるか、数えてみよう♪」
ということで、やってみた。

家を出て、すぐヒヨドリ

A川を上流へ。
鳴き声とともにすぐに見つかるハクセキレイ。定番、カルガモ。これまた誰でも知っているドバトカワラバト)。1羽はすぐ近くのフェンスに止まる。1メートル以内に接近したが、逃げない。またちょっと自転車をこいだら、これまた定番、ハシブトガラス。その合間にこれまた誰でも知っている、でも、けっこう絵にかけない(笑)スズメ

A川をいったん離れ、ちょっと遠回りして、このところ日課のようになっているモズチェック。モズがいそうなところにいたのはヒヨドリだった。

線路を渡って、再びA川へ。上流の公園でドバトのほかにキジバト。その公園の脇の街路樹にサルノコシカケタイプのキノコ。ついでに撮っておく。

図書館に寄った後、B公園へ。途中の畑でツグミ。また、移動途中にムクドリ

B公園についてからいつものように池を反時計回りに。女優が犬のように立ち止まって動かないので、何かと思ったら、バンだった。弁財天のほうに行きたがったのでそのとおりにする。えさをあげたおじさんがいたのか、カルガモのほかに、ハシビロガモ、キンクロハジロ、オナガガモがそのおじさんの近くに集まってきていた。遠くにはカワウも見える。

橋を渡ったところでは、またかもが集まっていて、その中にはマガモもいた。ずうっと向こうには、野生化したアヒル。池を半周した後、女優はアスレチック広場へ。私はちょっと足を伸ばして、ほかの公園へ。その公園に入るなり、なんだか見慣れない小鳥。肉眼ではよく分からないので、とりあえず撮っておく。尻尾を振り振りしていたが、デジカメの液晶モニターで確認したところ、くちばしがモズではない。後で同じ鳥を撮っていたおじ(い)さんに話しかけられたので、その際に聞いたら、ジョウビタキのメスだった。ジョウビタキのオスは見たことあるが、メスは初めてだった。そのジョウビタキが飛んで行ったしまった後にも、公園に面しているお宅の庭のウメにはシジュウカラやメジロが頻繁に来ていた。シジュウカラは公園の敷地内にもちょくちょく来たので、かなりの大きさで撮れた。ちょっとボケ気味だったが。

このあと、別の種類の鳥は見られなかった。

結局見られたのは、ヒヨドリハクセキレイカルガモドバトカワラバト)、ハシブトガラススズメキジバトツグミムクドリ、バン、ハシビロガモ、キンクロハジロ、オナガガモ、マガモ、アヒル、ジョウビタキ、シジュウカラ、メジロの18種類だった。

見られそう、あるいは見られてもよかったが見られなかったのは、コサギ、コゲラ、ゴイサギ、カワセミ、


今までの服装では、もはや暖かいを通り越して、暑い!
実際、今日の16時半、お客さんがそう言っていた。
コートがいらない。
サクラが咲くころの気温かそれ以上だったのではないかな?
明日の新聞が楽しみ。

家に帰ってきてからも、部屋の中は20度を軽く越していた。22.5度だったかな。
夕方、新卒(といってももうすぐ2年目だが)のパーマかけて頭もじゃもじゃの女の子が、さらに頭をもじゃもじゃさせていたのでおかしいなと思ったら、「風が強くて」だって。

それにしても暖かい。夕方、お昼ご飯を食べに行くときも、コートは着なかった。無国籍料理風の行きつけの店で見たテレビで知った。春一番だったと。
午前の会議が終わり、ちょっと仕事で寄り道をした後、職場に戻る途中のこと。やけに暖かいなあと思って歩いていると、黒い蝶が目の前を舞っていった。デジカメを取り出す間もなかったが、とにかく目を凝らして見た。ムラサキシジミではない。ルリタテハか?瑠璃色のラインは見えなかったが、飛んでいればそんなものか・・・。
7日にモズを見た家の敷地、なるべくチェックをするようにしている。クミゴンと女優と一緒に駅まで行くときも通ったら、いたよ、またモズのオスが。

女優は背が低くて、生垣に阻まれ、まったく見えないようだった(笑)。そう、こういうとき子供って不便だった(笑)。

出勤途中の私は、かばんからデジカメを取り出そうとしたが、ない。そうだ、パソコンの前に置きいたままだった。やけにかばんが軽めだと思った。ちょっと残念だったが、モズも、どのみちすぐに飛んで行ってしまった。

再び歩き始めると、あ、また飛んできた!あれ、さっきより大きい?よく見たら、それはツグミだった。クミゴンに教えてあげた。女優は、またしても見えなかった?
一仕事終えて、ちょっと寄り道。階段を上っていくと、公園になっていた。メジロが何羽かいて、眺めいたら、すぐ飛んでいってしまった。

公園から少し歩くと、富士山が見えるという坂に着いた。朝9時過ぎだったが、富士山のような雲のようなものは、その向こうに見えた。デジカメ越しに見ると、富士山らしきものが見えなくなってしまう。一応写真も撮ったが、やはり写っていなかった。肉眼では見えたのだが。

家に帰ってから、ネットで調べると、その場所から撮った富士山の画像がたくさん出てきた。しかし、私が見た雲のようなぼんやりしたものと、ちょっと違うような・・・。方向はあっているけど。

朝、コンビニに行った帰りにちょっと遠回りして、緑のじゅうたんのほうへ。昨日のダイサギ探しの続き。ダイサギはいなかったが、コサギはいた。しばらく歩くと、今度はコガモが2羽。いや、3羽だった。オス2羽の間に、もう一羽、メスがいた。枯れたミズヒマワリの茎が集まっているところに見事な保護色で、堂々と隠れていた。
昨日のクミゴンの話しをふまえて、緑のじゅうたん(A川)でダイサギ探し。お昼の中華料理をはさんで午前、午後、軽く探したが、いなかった。コサギは午前にのべ2羽見たけど。

しかし、元旦以来のフル休日は、その午前と午後で鳥見。午前はA川に沿って下り、それからK林へ。午後は、A川沿いに上り、南の図書館に行って『20世紀少年第16巻』を立ち読みし、予約してあったキノコの本を5冊とほか1冊を借りて、帰った。今日見た鳥は、

家の近く:ムクドリ、スズメ、ハシブトガラス
A川沿い:スズメ、カワラバト、ハクセキレイ、コサギ、カルガモ、ヒヨドリ、メジロ
K林:シジュウカラ、ヒヨドリ、ツグミ、ハトと同じかそれより大きいくらいの茶色っぽい鳥(ツグミかも)
A川上流の公園:シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、カワラバト

K林は、入るなり、シジュウカラがたくさん鳴いていた。録音もしたが、録れたものはいまいち。ここではコゲラもよく見るので、混群になっていないか探したり、登場するまで待ってみたが、出てこなかった。しかし、枝分かれしてその部分がすべて枯れているケヤキに、コゲラが開けたであろうと思われるたくさんの穴を見つけた。一部が枯れたケヤキの木コゲラが開けたと思われる穴しかし、こうして改めて画像を見てみると、枯れているというより、木の皮がすべて剥ぎ取られてしまっているのか?
出勤途中の人家でモズ発見。人家といっても木がいくつも生えていたり、畑にもなっているところだが。いつもはこちらを通らないのだが、なんとなく日なたに誘われて、冬でも見られるキノコでもないかなとあちこち見ながら歩いていたら発見。

最初、スズメかと思った。スズメにしてはちょっと大きく、そして尾が長い。尾をくるくる回したらモズじゃないの?と思いながら少し止まってみていたら、回したよ。茶色っぽく見えたのでメスかと思った。今までモズはオスしか見たことない。

ちょっとあわてながら、かばんからデジカメを出す。撮っているうちに、場所を何回か変えていた。何枚も撮ったが、どれも、もうちょっとの出来。しかし、家のすぐ近くでモズが見られたので満足。

家で画像を確認したら、どうもこのモズはオスっぽい。

家に帰ってからクミゴンに聞いた話。散歩中にA川でコサギじゃない白鷺を見たって。コサギより大きかったかと聞いたら大きかったという。それに、離れたところでコサギも見たという。だったらダイサギじゃないの。チュウサギはうちの近くで見たことない。ダイサギもA川ではないけど。
タイトルのとおりの一日。朝曇りの場合は、暖かくてよい。さらに昼間に晴れると温度も上がる。実際、昼に自転車をこいでいたら、15分を過ぎたあたりから、コートを脱ぎたくなった。職場に着いたときは、汗ばんでいて、スーツの上着も脱いで、湿気を飛ばした。
夕方から夜は冷えた。

それにしても、あと何回かはすごく冷え込む日が来るかもしれないが、今年の寒さの峠は過ぎた。雪もほとんど降らないし。どうしようもなく寒い日は数日しかなかったような気がする、この冬は。

FC2 トラックバックテーマ:「この冬は暖かい?寒い?」


仕事でいつもと違ったところに行った帰り、とある学校の生垣を作っている木にキノコ発見。硬いタイプのキノコ。植木はよく見るやつで、新芽が赤い常緑樹。名前を何度か聞いたことあるが、すぐ忘れる。よく見るとキノコが生えているのは、枯れ木にだけだった。カワラタケのようなタコウキン科のキノコだと思う。
今日は暖かい。早朝特別業務で大都会のターミナル駅を降りる。目的地に着くと、すぐメジロが目と耳に入った。

業務が終わってから、近くを歩く。やはりメジロ。鳴き声を取ろうとしたら飛んでいってしまった。よくある話、よくある話。

近くの神社ではヒヨドリ。遠くにハシブトがラスの鳴き声も。

神社を出てしばらく歩き、最初の目的地の近くで、やはり遠くにコゲラのギー、ギーいう鳴き声を聞く。

駅まで戻るとやっぱり大都会。

駅からちょっと歩くだけで、住宅地や学校、神社などの木々にたくさん鳥がいることに驚いた。
どうも目がしつこくかゆいと思った。仕事の帰り道、鼻が若干ムズついてくしゃみをした。本格的な鼻へのアタックではないが、これはスギ花粉だと確信した。長年の経験がそう言う。

節分なんだねえ。今年は家の玄関前に豆がまかれてはいなかった。
朝、テレビで浅間山の歴史(?)のようなことをやっていたので、もしかして噴火したのかと思ったら、やはりそうだった。2004年の9月の噴火のときには、朝起きたら、ベランダの手すりにうっすら雪のように火山灰が積もっていた。またそんなのを見てみたいとちょっと期待してみたり。
久しぶりに晴れて、富士山も昼間でもくっきり見えた。風も強い。B公園から図書館に向かう途中、道路から正面に見事に富士山が見えた。とても大きく。こんなところからこんな風に見えるなんて!ととても感激して、思わず写真に撮ったが、ぜんぜん雰囲気が出ていなかった。もう少し道を先に進んで、もっとよい構図を探して撮ろうとしたのだが、角のセブンイレブンを過ぎると、なんと、富士山は見えなくなってしまった。不思議である。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析