庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
200712<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200802
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
今帰ってきたところだが、家のすぐ近くで、タヌキのようなネコを見た。暗いからなんとも言えないが、見れば見るほどタヌキに見えた。顔つきといい、ふさふさした尻尾といい、ネコっぽくない小走りの仕方といい。

うちの庭においてある野菜や穀物がたまに食べられていることがあり、ネズミか?と思っていたが、それにしては食い跡が大きく、ネズミかどうか疑問視していた。もしもタヌキならば、なんとなく納得がいく。

しかし、こんなところにタヌキが住めるはずが・・・。

寝ているクミゴンに聞いたら、もっと南のほうでは出るという話もあるらしい。真相はいかに。

ところで、今日はあったかい。家を出たときも、あまりの暖かさに春かと思った。
スポンサーサイト
朝(9:30ごろ)温度計を見たら、7.5度。今シーズン最低を記録。以前に理科年表で調べたら、ちょうど今時分が年間で一番寒いときだった。まさにそれか。
庭にうっすら雪やっと天気予報が当たり、ついに積もるほど雪が降った。結局、午後から雨になったけど。
村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』を読んだのは、もう7,8年前だったか。
タイトルとなっているギィーとねじを巻くように鳴く鳥は、コゲラであろうと何かの本で読んだ。

今朝、コンビニに寄った帰り、ねじまき鳥が鳴いているのが聞こえた。声を聞きながらかまわず歩いていたが、気になって振り返ったら、その木にコゲラがいた。しばらく見ていたら、飛んで行ってしまった。飛び方はヒヨドリほど極端ではないが、波状だった。

家に帰ってから、クミゴンにメールを書いた。そのときにもねじまき鳥の鳴き声は聞こえた。
いつも使っているデジタルの温度計見たら、9.5度だよ。今日も太陽は見えない。寒いねえ。
元気なクワズイモあけましておめでとうございます。しばらく更新をお休みしていましたが、私は元気です。人生の優先順位の変更により、今後も更新は滞りがちになるかもしれませんが、時々のぞきに来てもらえれば幸いです。今年もよろしくお願いします。

画像は、ここに捨てたはずなのに、どんどん生長していくクワズイモ。このたくましさには、ただ、ただ感動します。この前、うちの前を通ったおばさんたち(50代くらい?)が、「すごいね、ここのクワズイモ」とやはり、感心していた(あきれていた?)ようです。画像だと迫力がいまいちですが、この場合、少し引いて撮ったほうがよいのかもしれません(そういう画像もありますが、それもいまいちです)。右に写っているのは、まだ若干新芽(?)を残しているサンショウです。こちらも大きくなりました。105円で2004年に苗を買ったものです。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。